バーランダー今季15勝目 アストロズが3連戦スイープ

©MLB Advanced Media, LP.

【マリナーズ1-3アストロズ】@ミニッツメイド・パーク

継投ノーヒッター達成から一夜明け、アストロズは先発のジャスティン・バーランダーが10個の三振を奪い、7回途中3安打1失点の好投を披露。マリナーズを3対1で破り、本拠地ミニッツメイド・パークでの3連戦をスイープした。バーランダー降板後に登板した3人のリリーバーも合計3イニングを1安打無失点に抑え、アストロズ投手陣は合計15三振を奪って4安打1失点の快投。バーランダーが今季15勝目(4敗)、4番手のロベルト・オスーナは今季25セーブ目をマークした。一方、マリナーズは2番手のトミー・ミローンが5回4安打2失点の力投を見せるも、打線の援護がなく今季6敗目(1勝)。打線も4安打1得点と元気がなかった。

3回まで無得点に抑えられたアストロズは、4回裏にアレックス・ブレグマンとヨルダン・アルバレスの連打で無死二・三塁のチャンスを作り、カルロス・コレアのタイムリーで1点を先制。6回裏には一死三塁からアルバレスが犠牲フライを放ち、7回表にバーランダーがカイル・シーガーに10号ソロを被弾したものの、その裏にジョシュ・レディックの犠牲フライで再びリードを2点に広げた。バーランダーがシーガーに被弾したところで降板したあとは、2番手のジョー・スミス、3番手のウィル・ハリス、4番手のオスーナが各1イニングを無失点に抑える好リリーフ。打線は5安打に終わったものの、投手陣の頑張りで3連戦の最終戦を制し、スイープ達成となった。