させぼ海洋探検隊 高島で3泊4日 挑戦楽しむ

©株式会社長崎新聞社

バスボム作りを楽しむ子どもたちと学生=佐世保市、高島

 小学生が3泊4日でさまざまな体験に挑戦する「させぼ海洋探検隊in高島」が16日、長崎県佐世保市の離島、高島で始まった。
 子どもたちの健全育成のためにNPO法人佐世保市海洋スポーツ協会が主催し、8回目。市内外の小学生約20人が参加した。
 初日は班に分かれ、海のスポーツと佐世保工業高等専門学校(佐世保高専)の学生が教える物づくりに挑戦。波に揺られるたびに歓声を上げながらシュノーケリングをしたり、好きな色の色素と精油を加えた粉を夢中で丸めてオリジナルのバスボム(入浴剤)を作ったりした。
 市立清水小4年の永元莉奈さん(9)は「家族がいないのでドキドキするが楽しい。自由研究に生かしたい」と声を弾ませた。