【欧州】6月にスペイン代表監督を辞任したエンリケ氏… 9歳の愛娘が骨肉腫で逝去

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

元スペイン代表指揮官のルイス・エンリケ監督の9歳の娘が、がんの闘病の末亡くなったと判明した。

【ラ・リーガ】突然の悲報となったレジェス氏…事故時はタイヤパンク&時速237㎞で走行

49歳のエンリケは29日の午後、骨肉腫を患っていた娘シャナが死亡したとTwitterで報告。シャナの治療に携わった医療チームに感謝を示し、「私たちは君がいなくなった寂しい。私たちが過ごした毎日を思い出す。将来、私たちが再び会う事を望む。安らかに。シャナ」と投稿している。

現役時代バルセロナやレアル・マドリードでプレーしたエンリケ監督は、6月にスペイン代表指揮官を辞任。スペインサッカー連盟(RFEF)は「個人的な理由」と当時コメントしていたが、娘の闘病のサポートをしていたこと分かり、「当時彼らが私に見せてくれた信念と、状況を理解してくれたことに感謝したい」と語っている。

エンリケ監督が娘の死亡をSNSで報告