台北・公館夜市でサクッと手軽に屋台グルメディナー!おすすめの巡り方は?

©株式会社オンエア

台湾旅行で夜市観光は欠かせない!という方は多いと思うのですが、地元民が気軽に夕食を取る場としても夜市は人気です。この記事では、台北・公館夜市でサクッと手軽に屋台グルメディナーを楽しむのにおすすめの組み合わせを紹介します。こってりボリューミーな熱々グルメ、野菜ありの塩味グルメ、食後のスイーツにタピオカという順番で食べ歩きを楽しみましょう。

お手軽ディナーにおすすめの夜市は?

お手軽ディナーにおすすめなのは、駅から近い小規模な夜市。観光客が押し寄せる夜市は人の熱気もすごく、サクッと食事をしたい時にはあまり向かないなと感じます。台北MRT公館駅周辺に広がる公館夜市は、学生街であることから値段も良心的でお手軽ディナーにぴったりです。

まずは熱々の屋台グルメから!「雄記葱抓餅」

公館夜市の中でも筆者おすすめの屋台が、熱々のネギ餅がいただける「雄記葱抓餅」です。1番出口から水源市場に向かって少し歩いたところにあります。実はこのお店、屋台でありながら「ミシュラン 台湾・台北 ビブグルマン 2019年版」にも選ばれた人気店なのです。

店頭ではお店の方が忙しくネギ餅を焼いていく様子を見ることができます。看板メニューは玉子とチーズを挟んだ「加蛋起司」で、1つ45元(約153円)です。無料で台湾バジル・九層塔も加えてくれます。筆者が購入した時は、店員の方から「要不要加九層塔?(ヤオブヤオ ジア ジウツェンター?)(九層塔加える?)」と聞かれました。

焼きたてのネギ餅は熱すぎて手で持つのにも一苦労。もちもちのネギ餅に玉子ととろ~りチーズ、そして台湾バジルのスパイシーな食感が絶妙で何度でも食べたくなるおいしさです。

筆者は台湾のネギ餅が好きでいろいろなお店で食べてきたのですが、ここのお店のネギ餅は焼くのが上手なのか他の店に比べて油っぽさをあまり感じないです。熱々でボリュームがありながらも、一人でぺろりといただけてしまいます。

鶏肉と野菜やキノコを塩ダレで!「好鶏匯鹹水鶏」

続いて向かう先は、1番出口のすぐ近くにある「好鶏匯鹹水鶏」です。こちらも食事時は行列ができる人気店です。

鹹水鶏とは、鶏肉や野菜などの好きな具を選ぶとその場で塩だれと和えながら調理してくれるグルメです。個人獨享餐(一人前セット)は、鶏肉プラスお好みの野菜やキノコを3種類選んで100元(約340円)とお手頃価格。筆者はブロッコリーとヤングコーン、エリンギを選びました。

できあがるとビニール袋に入れて渡されます。100元とはいえ結構たっぷりと入っており、食べごたえがあります。ちょっと濃いめの塩味で、ビールが欲しくなってしまうかも。組み合わせ次第では、お肉や野菜をバランスよくいただくことができますよ。

食後のスイーツに黒糖タピオカミルク!「墾丁蛋蛋奶」

最後は食後のスイーツタイム。公館で黒糖タピオカミルクといえば「陳三鼎」が有名ですが、「墾丁蛋蛋奶」はコスパが高くておすすめです。物価が上昇している台北で、新鮮な牛乳を使った黒糖タピオカミルクを35元(約119円)で味わうことができます。

日本では考えられない安さです!黒糖タピオカミルクが看板メニューですが、緑豆や仙草ゼリーを加えたものも販売されています。

筆者は、黒糖タピオカと仙草ゼリーに牛乳を注いだ「仙蛋」がお気に入り。黒糖タピオカの甘さと仙草ゼリーのほろ苦さを両方味わうことができ、お得な気分になります。

以上3種類のグルメを紹介しましたが、この3種類を食べ歩くだけでも結構お腹いっぱいになります。この内容を一人でいただいた場合の合計価格は180元(約612円)。筆者はこの日二人で出かけて鹹水鶏は二人でシェアしたため、一人あたりの価格は130元(約442円)でした。お手軽ディナーにはちょうどよい価格と組み合わせだと感じます。

観光客に人気の大きな夜市での食べ歩きも楽しいですが、こんな風に小規模な夜市で食べたいものだけをサクッと食べて帰るのも楽しいですよ。

雄記葱抓餅

住所:台北市中正區羅斯福路四段108巷2號

定休日:水曜日

好鶏匯鹹水鶏-公館旗艦店

住所:台北市中正區羅斯福路四段70-1號

墾丁蛋蛋奶

住所:台北市中正區汀州路三段165號

[All photos by Yui Imai]

Do not use images without permission.