パ各球団の「代打の神様」は? ハム杉谷や鷹・川島ら好成績残す“職人”たち

©株式会社Creative2

日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】

首位に立つソフトバンクは右の川島、左の福田がともに4割超え

 近年稀にみる混戦のパ・リーグ。長いシーズンも終盤戦に差し掛かり、1試合の重みが増してきている中、今回注目するのは代打の切り札だ。時に試合の勝敗を左右する1打席のチャンスで結果を残しているのはどの選手だろうか。今季10打数以上で代打率が3割以上の選手にフォーカスする。(成績は9月10日試合終了時点)

 福岡ソフトバンクで好成績を残しているのは川島慶三内野手と福田秀平外野手の2人。川島は9月8日の試合で同点打を放つなど、13打数6安打で打率.462を残すいぶし銀の働きを見せている。一方の福田は12打数5安打、打率.417。6月21日の巨人戦で放った代打勝ち越し満塁本塁打はファンの記憶に残っているのではないだろうか。

 ロッテの清田育宏外野手は23打数7安打で打率.304と、イメージ通りの好成績。今季は規定打席未達者としてリーグ最多の決勝打10本を放っている。雌雄を決する局面で頼りになる打棒に、シーズン終盤も期待が高まる。

 楽天は今季途中に広島からトレード移籍で加入した下水流昂外野手が17打数6安打で打率.353のハイアベレージを残している。8月以降出場した27試合中22試合が途中出場で、17試合が代打からの出場とスーパーサブとしての地位を確立しつつある。右の代打として期待された新天地で、早くも適応を見せているようだ。

 北海道日本ハムで高い代打率を誇るのは杉谷拳士内野手。今季ここまで24打数9安打、打率.375の好成績。代打で四球を選ぶだけの動画が47万回も再生された男は、人気だけでなく結果も伴っている。

強力打線の西武は「代打の神様」不在?

 打率こそ.250ながら、今季パ・リーグ最多の代打起用数55回、代打安打数12本を誇るのは田中賢介内野手。今季限りでの引退を表明しているベテランは、ウグイスコールで球場を沸かす機会が多くなっている。

 オリックスの小島脩平内野手は昨季代打で9打数ノーヒットと結果を残せなかったが、今季は24打数8安打で.333の高い打率をマークしている。西野真弘内野手は13打数4安打、打率.308とまずまずの成績。なお西野選手は大城滉二内野手の故障に伴い、一時正三塁手を務めていたものの、8月末に自身も怪我で戦線離脱を余儀なくされたため、9月に入ってからは小島選手が三塁でスタメン出場する機会が増えている。

 意外なことに、強力打線で知られる西武は代打で10打数以上かつ3割以上の高打率を残した打者がいなかった。これは打線、特に捕手(森友哉捕手)の攻撃力が他球団と比較して傑出しているため、代打を送る機会そのものが少ないことが理由だろう。

 代打は打席数が少ないため、ここまで提示してきたデータのみで選手の実力を測ることは難しい。しかし、経験豊富なベテランからスーパーサブの選手まで、さまざまな選手が高い代打率を残している。所詮控えと侮ることなく、各選手の勝負をかけた1打席を見逃すな。(「パ・リーグ インサイト」山下虎太郎)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)