シーズン本塁打の新記録が誕生 6106本目はオリオールズ・ビヤー

©MLB Advanced Media, LP.

日本時間9月12日、本塁打量産に沸くメジャーリーグに新記録が誕生した。本拠地オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズで行われたドジャース戦の7回裏にオリオールズのジョナサン・ビヤーが21号3ランを放ち、オリオールズは勝ち越しに成功。この一発が今季メジャー全体で6106本目の本塁打となり、2017年に誕生したシーズン6105本塁打のメジャー記録をわずか2年で塗り替えた。

2017年は、ロイヤルズのアレックス・ゴードンがメジャー全体で5694本目の本塁打を放ち、2000年に作られたシーズン5693本塁打のメジャー記録を更新。その数字は史上初の6000本突破となる6105本まで伸びたが、その記録はわずか2年で更新されることとなった。ちなみに、歴代最多タイ記録となる6105本目の本塁打を放ったのは、アスレチックスのマーカス・セミエンだった。

今季は、マリナーズが開幕20試合連続アーチのメジャー新記録(従来の記録は2002年インディアンスの14試合)を樹立し、その後も各チームが本塁打を量産。ヤンキースは4月から5月にかけて31試合連続アーチのメジャー新記録を打ち立て、8月末にはツインズがシーズン268本塁打のメジャー新記録を樹立した(従来の記録は2018年ヤンキースの267本塁打)。また、ヤンキースは8月に月間74本塁打というメジャー新記録を樹立し、すでにツインズ、ヤンキース、パドレス、ドジャース、アストロズと5チームがシーズン本塁打の球団記録を更新している。

個人のスタッツに目を移すと、ピート・アロンゾ(メッツ)とホルヘ・ソレアー(ロイヤルズ)がそれぞれシーズン本塁打の球団記録を更新。すでに47本塁打を放っているアロンゾは、ナ・リーグの新人本塁打記録を更新し、メジャー新人本塁打記録(2017年にヤンキースのアーロン・ジャッジがマークした52本塁打)の更新も射程圏内に捉えている。

レギュラーシーズン終盤を迎え、毎日のように本塁打に関する記録が生まれている今季のメジャーリーグ。レギュラーシーズン終了までのおよそ2週間の間に、今度はどんな記録が生まれるのだろうか。