農相きょう諫干を視察 開門派と意見交換も

©株式会社長崎新聞社

 江藤拓農相は1日の閣議後の会見で、国営諫早湾干拓事業の開門問題を巡り、2日に長崎、佐賀両県の現地を視察すると発表した。就任後、開門せずに解決する国の方針に沿った考えを示す中、開門を求める原告・弁護団と意見交換する予定。
 江藤農相は「胸襟を開いて話をすることで、少しでもお気持ちをほぐし、5センチでも10センチでも歩み寄ることができれば」と語った。
 農林水産省によると、2日はまず佐賀県入りし、有明水産振興センターを見た後、開門派の原告・弁護団と面会。その後、山口祥義知事や有明海漁協幹部らと意見交換し、8月の大雨被害の被災地を視察する。
 長崎県では雲仙市内で営農者と会い、諫早市の中央干拓地を訪れる。同市内で中村法道知事らと意見交換する。