【EURO】デシャン監督、チェルシーでプレー時間減らすジルーを心配「彼は現状に苦しんでいる」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

フランスのディディエ・デシャン監督は、チェルシーで出場機会を減らすオリビエ・ジルーを心配しているようだ。

【EURO】人種差別チャント聞こえるも…イングランドが大量6ゴールでブルガリアを撃破 フランスは単独首位のチャンス逃す

33歳のジルーはEURO2020予選トルコ戦に途中出場すると、チーム唯一となるゴールをゲット。代表4試合で3得点と欠かせない存在となっている。しかし、クラブではフランク・ランパード監督の下でプレー時間を減らしていて、プレミアリーグ第8節終了時点でスタメンだったのはわずか1試合のみ。今シーズン計187分の出場に留まっており、デシャン監督は「彼は現状に苦しんでいる。おそらく1月までは何も動きはないだろう」と語った。

【EURO】デシャン代表監督、フランス人選手起用についてランパード監督に懇願「カンテ休ませて!ジルーをちょっと使って!」

「その後は彼次第だ。彼がもっとプレーする時間を確保できるよう願っているよ。だが、私たちは彼のゴールや彼のパフォーマンスを奪う事は出来ない。彼は得点も決めれるし、味方と巧く連携できる。プレッシャーの中で戦っているし、いつだって結果を残してきた」。

ジルーのプレー時間減少を心配するデシャン監督