【プレミア12】メキシコ快進撃、大会5戦全勝で13日は日本戦 スーパーRは3勝0敗に

©株式会社Creative2

特大弾を放ったメキシコ代表のマット・クラーク【写真:Getty Images】

元中日クラーク弾などで快勝、オープニングRから5戦全勝

■メキシコ 3-0 オーストラリア(プレミア12・12日・東京ドーム)

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は12日、メキシコとオーストラリアが東京ドームで対戦し、メキシコが3-0で快勝した。これでオープニングラウンドから無傷の5連勝、スーパーラウンドの成績は3勝0敗として翌日13日の日本戦を迎える。

 初回先頭打者のジョーンズはオーストラリア先発のガイヤーが投じた初球を打ち、先制のソロ本塁打とした。さらに4回1死で中日、オリックスに所属した経験のあるクラークが打席に立つと、2ストライク2ボールから5球目直球を打ち返し、右翼スタンド上段へのソロアーチとした。

 その後も2死一塁から、初回先制弾のジョーンズが左翼への適時二塁打を放ち1点を追加。投手陣も先発のベラが5回4安打5奪三振、無失点とすると、その後もオーストラリア打線を危なげなく抑え続けた。無敗のまま13日は野球日本代表「侍ジャパン」と対戦する。

 オーストラリアは先発が2回で降板すると、2番手ケントも2回2失点で降板と継投が報われず、打線もメキシコ投手陣に歯が立たなかった。(Full-Count編集部)