【プレミア12】メキシコ、5戦全勝で13日の日本戦へ 監督は“不敵”「プラン通りにやりたい」

©株式会社Creative2

特大弾を放ったメキシコ代表のマット・クラーク(手前)【写真:Getty Images】

「日本は強いチーム」と警戒も…直接対決へ「準備をして臨みます」

■メキシコ 3-0 オーストラリア(プレミア12・12日・東京ドーム)

 スーパーラウンドに突入している「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は12日、東京ドームでメキシコ-オーストラリア戦が行われ、メキシコが3-0で快勝した。オープニングラウンドから無傷の5連勝。スーパーラウンドの成績は3勝0敗として13日に野球日本代表「侍ジャパン」と対戦する。フアン・カストロ監督は日本を「強いチーム」と認めながら、「我々のチーム全体が強い」と自信をのぞかせた。

 メキシコは初回、先頭ジョーンズが先制のソロ本塁打。4回1死では中日、オリックスでプレーしたクラークが2ストライク2ボールから5球目の直球を打ち返し、右翼スタンド上段へソロ弾を運んだ。さらに、2死一塁から先制弾のジョーンズが左翼への適時二塁打を放ち3点目を奪取。投手陣も先発のベラが5回4安打5奪三振無失点と好投すると、その後もしっかりとリードを守った。

 地元メキシコで行われたオープニングラウンドでは、米国、ドミニカ共和国、オランダと強豪ぞろいのA組を全勝突破。1勝0敗でスタートしたスーパーラウンドもチャイニーズ・タイペイに続いてオーストラリアを撃破し、ここまで無傷の5連勝と快進撃を続ける。まさに“不気味”な存在となっている。

 カストロ監督は試合後に「いい試合だったと思う。豪州の選手は我々のピッチャー陣と戦っていたが、予定通りの試合ができたと思います」と満足げに振り返り、決勝進出へのライバルとなる日本(13日)、韓国(15日)との対戦に向けて「大会前に色々と考えて準備してきた。我々のチーム全体が強いと考えている。考えたプラン通りにやっていきたい」と不敵に話した。

 さらに、日本戦に向けても「日本チームがいいチームと知っている。毎年大きな大会では決勝に上がってくるチームなので、準備をしなければいけないと思う。とにかく強いチームなので、準備をして臨みます」と慢心はなし。今大会の米大陸最上位国には東京五輪への出場権が与えられるが、「このチームの練習が始まってからスーパーラウンドで勝つということを目標にしてきたが、2020年もずっと目標にしてきた。けれどまだこの大会の試合が残っているので、それを一生懸命やって、夢である東京オリンピックに出場したい」と改めて誓った。

 勢いに乗って臨んでくるだけに、日本にとっては厳しい戦いとなることは間違いない。(臼井杏奈 / Anna Usui)