【プレミアリーグ】新天地で大苦戦する“怪童”ケーン…遅刻でベンチ外となるルーズさも露呈

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

エバートンのイタリア代表FWモイゼ・ケーンは、サウサンプトン戦ベンチ外はクラブの規律違反によるものだったようだ。イギリスメディア『skysports』が報じている。

【プレミアリーグ】ケーンのエバートン移籍が決定! 「目標達成に向け懸命に取り組む」

プレミアリーグ第12節サウサンプトン戦に臨んだエバートンは、チームのミーミーティングに遅れたケーンをベンチ外に。試合後ケーンについて尋ねられたマルコ・シウバ監督は、「彼は本当に一生懸命働いている。非常にクオリティの高い選手であり、出来るだけ早く私たちのスタイルに適応しようと最善を尽くしている。彼の成長のためスタッフやチームメイトがサポートしている。数週間、数ヶ月後にはモイゼはさらに良くなっていると思う」とコメントした。

【プレミアリーグ】トッテナム戦で右足首を骨折したゴメス…手術決定で今季復帰は絶望的か

推定移籍金2700万ポンド(約35億円)、週給5万2000ポンド(約690万円)の5年契約でエバートンに到着したケーン。今シーズン公式戦11試合に出場してノーゴール1アシストと新天地で苦戦中に遅刻してしまったイタリアの怪童は、抜本的なプロ意識の改善が求められる。

新天地で苦しみ遅刻でベンチ外となったケーン