【プレミアリーグ】インテル、出場機会求むジルー獲得を検討 チェルシーは移籍金8億円で売却容認か

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

チェルシーは1月の移籍市場でフランス代表FWオリビエ・ジルーに熱心にアプローチを掛けるインテルに対し、移籍金の要求額を伝えたようだ。

【EURO】デシャン監督、チェルシーでプレー時間減らすジルーを心配「彼は現状に苦しんでいる」

33歳ジルーはチェルシーのフランク・ランパード監督の下で序列を落としており、センターフォワードは1番手がテイミー・エイブラハム、2番手はミチ・バチュアイが起用されている。ジルーは今シーズン計211分の出場に留まっていて、フランス代表ディディエ・デシャンも出場機会減少を心配していた。ただイタリア紙『ガゼッタデッロスポルト』によると、インテルが1月の移籍マーケットで33歳ジルー獲得を検討。シーズン後半戦を戦うため1年半契約でジルーにオファーを提示する方針のようだ。チェルシーも売却に乗り気で、残り6ヶ月の契約となっているジルーの移籍金を600万ポンド(約8億円)に設定している。

ジルーが1月にインテル移籍か