【EURO】デ・ブルイネ、本戦組み合わせのフォーマットに憤慨「ヤラセだ」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ベルギー代表MFのケビン・デ・ブルイネは、EURO2020を「ヤラセ」と批判しサッカーがビジネスになっていると主張した。

【EURO】頼れる男ラムジーが2ゴール!劇的展開でウェールズが本戦出場を決める!

ロベルト・マルティネス監督が指揮するベルギーは、EURO予選10試合を全て勝利し、グループIトップで本戦出場を果たした。12ヶ国で開催されるEURO本選は今月30日に組み合わせ抽選会が行われる予定だが、ベルギーは諸々の事情でロシアとデンマークと共にグループBに入ることが確定済みだ。

本戦のグループAからFまでの試合会場はすでに決定しており、グループBはロシアとデンマークで行われる。ベルギーとウクライナを除くポット1のドイツ、スペイン、イタリア、イングランドには開催都市があるため、2カ国のどちらかがグループBに入ることに。しかし、政情不安のあるウクライナとロシアの同組は避けられ、必然的にベルギーがグループBに入ることとなった。

【ラ・リーガ】アザールは“サボり魔”⁉ 元チェルシーMFが実態を明かす「突っ立って練習が終わるのを待っていた」

抽選前に対戦国がほぼ決定するフォーマットに、デ・ブルイネは6-1で勝利した19日のキプロス戦の後にベルギー『VTM Nieuws』に「残念だ」とコメント。「僕にとってヤラセのように感じる。サッカーは益々ビジネス化してしまった」と憤りを露わにしている。

本戦の抽選方式にデ・ブルイネが痛烈批判