【大学生向け】インターンシップの目標設定と実施形態は?

©株式会社SEKAISHA

大学生のインターンシップは、就業トレーニングであり、大学によっては必須科目とされていることもありますが、目標もないまま取り組んでしまうと、有意義なものにならないことがあります。今回は、インターンシップの目標設定のみならず、その実施形態や志望動機の例文についても紹介していきます。

インターンシップの目的

大学生がインターンシップに参加する目的は、社会人になる前に企業の就業体験を通して、仕事内容・企業・業界についての知識と理解を深めることです。ほかに、社会全体とのつながりについても認識を持つことを目的としています。

インターンシッププログラムの期間は、数日間という短期から3ヶ月前後の長期までさまざまです。なかには半日や1日だけの「スポット」というプログラムもあります。

インターンシップの目標設定のコツ

インターンシップへの参加を、これからの自分にとって「実り」あるものにしたいなら、目標を設定しておくことをおすすめします。

インターンシップにおける目標設定のコツは、以下の通りです。

「やらされている感」を断ち切る

インターンシップに参加するにあたって、「学校から言われて参加した」「周りの友達が参加するから自分もなんとなく」といった心構えでは、最後までモチベーションがキープできません。インターンシップを「やらされている」という考えでは、学びも少なく無意味なものになりかねません。インターンシップはあくまでも、社会人になる前に大切なことを学ぶ場です。「やらされている感」を断ち切り、何らかの「学び」「気づき」を得る努力をしましょう。

目標を高くしすぎない

企業や組織で働く「いろは」を知らない大学生でも、インターンシップに参加するにあたって、「1ヶ月後にSEOの全般を暗記できるくらいに習得する」などの目標を掲げることは必要です。ただし、その目標が高すぎて達成できなかった場合、学業や就活などへの「やる気」がなくなり、モチベーションダウンにつながることも。目標を掲げるときは、まず自分に何ができるかを考えて、インターンシップ先の人にその内容をチェックしてもらいましょう。

目標を数値化する

目標を掲げる際、具体的な「数値」で表すと、後で振り返ったときに達成できたか否かが客観的に判断できます。例えば、「2020年7月までにTOEICスコア900点を突破する」「3ヶ月以内に100万PVにできるファッション記事を手掛ける」など、目標を数値化して考えましょう。

インターンシップ期間中に学びたいことを明確にする

インターンシップの期間中に学びたいことを明確にすると、モチベーションを上げるのに有効です。そして、インターンシップ後の学生生活や就職活動にもその経験が十分に生かされることでしょう。例えば「スマートフォンのアプリの要件定義にチャレンジしてみる」など、学びたいことを明確にしておきましょう。

課題を解決するためのアクションを明確にする

インターンシップに参加すると、何らかの課題にぶつかることもあります。もし解決しなくてはならない課題ができたら、何が問題になっているかということと課題を解決するためのアクションを明確にしましょう。このようなアクションの積み重ねが、社会人としての素養を磨き上げるのは言うまでもありません。

インターンシップへの参加方法

インターンシップに参加する方法は、主に次の3つがあります。

会社説明セミナー参加型

会社説明形式で行われるインターンシップは、企業や業界の理解を深めるのに良い機会です。

半日や1日単位で完結するスタイルが多いのが特徴です。1つだけでなく複数の企業のインターンシッププログラムに参加することで、自分に向いている企業や業界を見極めることができます。

ワークショップ参加型

ワークショップ形式で実施されるインターンシップは、数日から数週間程度の短期のものが多いです。インターンシップの期間中に企業側の人たちを引き寄せる活躍をすれば、卒業後の入社を促されることもあります。

就業体験型

就業体験型のインターンシップでは、長期にわたって企業や組織の一員として働けます。そのため、企業や社員の様子をよく知ることができるでしょう。ほかにもビジネスマナーやスキルも高められ、責任ある仕事を任されるというメリットもあります。

インターンシップを有意義にするための心構え

インターンシップの後で振り返ったときに有意義だったと感じられるよう、参加にあたっては以下のような心構えも必要です。

  • 参加する理由を明確にしてからエントリーする
  • 参加する前に業界や職種について調べる
  • 現場で働いている人の仕事に対する姿勢を学ぶ
  • 一つひとつの仕事の「意味」を十分理解する
  • 疑問点を見つけたら、なるべく自分で解決できるようにする

参考:インターンシップの志望動機の例文

インターンシップのエントリシートに志望動機を書く上で大事なのが、結論を冒頭に書くことです。

こちらの章では、志望先別に志望動機の例文をピックアップしています。

看護師を志望している例文

私が貴院を志望した理由は、患者様にとって最良の医療を提供することを非常に大切にされていると感じたからです。

私は看護師を志す上で、如何に患者様に対して安心を与えられるかを大切にしたいと考えています。

(引用元:【完全版】インターンシップに受かる志望動機の書き方と例文!書き出し・文字数のポイントを例文付きで解説!|PASONA)

観光業界を志望している例文

「おもてなし」を世界に広めることで日本の観光業に貢献したいという想いから、インターンシップを志望します。

私は、高校生のときから日本の観光業に興味があり、大学では観光学部に進学しました。現在は、ゼミ活動で地元自治体と連携し「日本のおもてなし文化」をテーマに研究を進めています。その中で、海外のお客様と直接関わるホテル業界に興味を持ちました。

(引用元:【完全版】インターンシップに受かる志望動機の書き方と例文!書き出し・文字数のポイントを例文付きで解説!|PASONA)

人材業界を志望している例文

私が貴社のインターンシップを志望した理由は、人の成長や変化を直接起こせることができる人材業界に興味を持っているからです。‌

現在、就職活動を支援する団体に所属しており、将来に不安を感じる学生の悩みを解決するために活動しています。就活対策のイベント後に就活に対してポジティブになる参加者の姿を見るのが何よりの喜びです。

(引用元:【例文つき】インターンの志望動機の書き方| MatcherDictionary)

大学生向け・おすすめのインターンシップエージェント

大学生向けのおすすめのインターンシップエージェントは、以下の3社です。

INTERNGATE

INTERNGATEは、国内企業だけでなく海外企業のインターンシップの求人情報も掲載しており、実践型インターンシップに強みがあります。ビジネスセミナーや面接対策も展開。大学1年生から大学院生までを対象とし、内定者のインターンシップも歓迎しています。

参考

海外・国内インターンシップはインターンゲート INTERNGATE

理系インターンナビ

理系インターンナビは、ネーミングからも分かるように、理系学生のためのインターンシップ情報を多数公開しています。求人検索では業種や職種はもちろんのこと、専攻で絞れるのも特徴です。

参考

理系インターンナビ|理系向け学年不問のインターンシップ情報

インターンシップJAPAN

インターンシップJAPANは、国内最大のインターンシップ総合情報サイトです。募集情報だけでなく、企業研究・企業別のインターン体験談や面接情報など、コンテンツも充実しています。

参考

インターン募集情報から体験談まで|インターンシップJAPAN

まとめ

大学生向けのインターンシッププログラムは、一定期間、企業や団体のスタッフとして働き、社会人になる前のトレーニングとして位置づけられています。また、インターンシッププログラムは、会社説明セミナー参加型・ワークショップ参加型・就業体験型から選択できます。

インターンシップに参加するときは、目標を設定した上で、自分にとって「プラス」となるインターンシッププログラムを選びましょう。

参考

【例文付き】「インターンシップで学びたいこと」の書き方をプロが解説!|リクナビ就活準備ガイド

インターンシップに参加する意味・目的とは?必要性はある?【先輩たちにアンケート】| リクナビ就活準備ガイド

富士市インターンシップ支援事業 参加学生募集|静岡県富士市

インターンシップ|国連広報センター