【プレミアリーグ】ウィンターブレイクが明け休養十分のリバプール!優勝に向け一切の死角なし! ~第26節プレビュー~

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

約2週間のウィンターブレイクが明け、休養十分のリバプール。優勝に向けて一切の死角はなく、お得意先のノリッジ・シティを蹴散らし更なる前進を目指す。

【プレミアリーグ】リバプールがアンフィールド拡張工事を計画!完成時には収容6万人越えのスタジアムに

ノリッジ・シティ vs リバプール
キャロウ・ロードでの6連勝中のリバプールは、計20ゴールを挙げ毎試合2得点以上を叩き出している。またノリッジに13戦連続先制ゴールを決めており、リーグ史上同じ相手にここまで先制に成功したのは、ポーツマス戦のチェルシーだけだ(14戦連続)。さらにリバプールは今年に入ってから勝ち点18を積み上げていて、今シーズン通してノリッジが獲得したポイントをすでに上回っている(勝ち点17)。

中断期間を挟み休養十分のリバプール

【プレミアリーグ】今シーズンで契約満了となるララーナ プレミア4クラブによる獲得レースが勃発か

ウォルバーハンプトン vs レスター・シティ
リーグ戦5回目のフライデーナイトマッチに臨むウルヴスは、過去4回で勝ったのは昨年12月のマンチェスター・シティ戦のみ(3敗)逆にレスターは10月のフライデーナイトマッチでサウサンプトンに9-0で大勝している。ウルヴスの強みは長距離砲で、ペナルティエリア外からの決定率はリーグ最高の20%を記録。対してレスターのジェームズ・マディソンは今季50本以上シュートとチャンスメイクをしており、同等の成績を残しているのはケビン・デ・ブルイネとジャック・グレイリッシュだけだ。

ヨーロッパ進出を狙う好調同士の対戦