【プレミアリーグ】中断前にトップデビューを果たしたシャルケの18歳DF プレミアのビッグクラブによる争奪戦が勃発

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マンチェスター・シティやアーセナル、さらにリバプールといったプレミアリーグのビッグクラブが、シャルケのドイツ人DFマリック・ティアウ獲得レースを繰り広げているようだ。

【プレミアリーグ】守備強化を図るリバプールとアーセナル 長谷部同僚の20歳DFに熱視線

シャルケの下部組織出身の18歳ティアウは190㎝の高身長で足元のコントロールに長けたDFで、中断前に行われたブンデスリーガ第25節ホッフェンハイム戦でトップチームデビューを果たした。ドイツにコネクションを持つユルゲン・クロップ監督が注目していて、今夏退団が濃厚となっているデヤン・ロブレンの後釜として獲得を検討。リバプールは契約解除条項の700万ポンド(約10億円)を用意しているようだ。

【リーグ・アン】レンヌで主力級の活躍を見せる17歳MF 今夏ビッグクラブによる獲得レース勃発

またアーセナルもティアウを狙っており、ミケル・アルテタ監督は課題となっている守備面解決のためセンターバックを今夏の移籍市場でリストアップ。シティはジョン・ストーンズやニコラス・オタメンディが信頼を失い、新たな守備の要として関心を抱いている。

ティアウ巡りプレミア勢が争奪戦