WTCR:最強の”親族”チーム誕生。帝王ミューラーの僚友に甥っ子エルラシェール起用

©株式会社サンズ

 WTCR世界ツーリングカー・カップに参戦するLynk&Coシアン・レーシングは、4台体制でのエントリー確定に続き、2020年シーズンに向けたドライバー体制をアナウンス。帝王イバン・ミューラーのチームメイトに、甥のヤン・エルラシェールを起用すると発表した。これにより、ここまで同じ土俵で戦いながらもなかなか実現することのなかった最強の“親族チーム”が誕生する。

 2019年に晴れてシアン・レーシングに加入し、偉大なる叔父と同じマシンをドライブしたエルラシェールは、シアン・レーシングLynk&Coのエントリー名で参戦したミューラーとは異なり、セカンドチームのシアン・パフォーマンスLynk&Coからの参戦となり、ボンネットやルーフにイエローのアクセントカラーが施されたマシンのステアリングを握っていた。

 しかし、このサテライトチームでも6度の表彰台を獲得するなど充分な実績を残したことで、晴れてトップチームに昇格。この2020年に向けてはWTCC世界ツーリングカー選手権4冠を誇るミューラーと、初のペアリングでシーズンを戦うことが決まった。

「そう、自分にとってだけでなくヤンにとっても、このLynk&Coシアン・レーシングは最適な場所だと言える」と語るのは、ボルボ時代からチームとともに戦ってきた50歳のミューラー。

「スウェーデンのファクトリーから(吉利汽車本社と研究拠点のある)中国のスタッフに至るまで、その全員がふたたび世界タイトル獲得のために戦うという究極の目標を推進する意欲を持っている」

「昨年は車両開発テストを始めてからわずか12カ月たらずでレースでの勝利を挙げるなど、関係者全員の努力が証明された素晴らしい1年になった。この2020年はその努力をさらに推進し、もう一段上のレベルに達する必要がある。皆と同様、私自身も間違いなくその準備ができているよ」

 一方、叔父と同様にアイスレースの世界でも活躍を演じるエルラシェールも、2020年は叔父とガレージをシェアし、その傍らでWTCRのシーズンに挑む日を「心待ちにしている」と語った。

2019年からWTCRに投入されたLynk&Co 03 TCRは、イバン・ミューラーとともにデビューイヤーながらタイトル争いを展開した
50歳になった帝王イバン・ミューラーだが「タイトル獲得への準備はできている」と意欲満々

「Lynk&Coシアン・レーシングと契約を更新したことで本当にモチベーションが高まっているし、とくにイバン・ミューラーというこの世界の伝説的ドライバーとともに戦えることにワクワクしている」と、意気込みを語ったエルラシェール。

「昨年は彼らとともに初めてのシーズンを戦ったが、非常に心強く有望なリザルトを残すことができた。2020年に向けて、その内容をより充実させることを楽しみにしている。今季はレースで勝利し、チームと一緒に世界タイトルを目指して戦いたい」

 シアン・レーシング創設者でありチームのCEOを務めるクリスチャン・ダールは、現在世界的に感染拡大が続いている新型コロナウイルス(COVID-19)の影響次第ではあるものの、チームはその終息を経たのちに「いつでもWTCRでの戦いが始められるよう、引き続き準備を進めていく」と語った。

「世界全体がコロナウイルスのパンデミックに直面している不確かな時期だが、イバンとヤンのコンビネーションは、ツーリングカーにおける世界最高のドライバー・デュオになったことは間違いない」と続けたダールCEO。

「Lynk&Coシアン・レーシングとしても、現在の状況を注意深く監視し、プロジェクト全員の安全を確保するためにあらゆる予防策を講じている。もちろん、シーズン開始の延期に関与するすべての機関、組織を完全にサポートするつもりだ」

「そしてレースが行われないこの期間を活用して、再びチャンピオンシップを再開するための条件が整ったときのために準備を続けていく。イバンとヤンはLynk&Co 03 TCRのデビューイヤーに、素晴らしい進歩と結果をもたらすことに大きく貢献してくれた。再び一緒に2020年WTCRシーズンの厳しい挑戦に取り組むことを楽しみにしている」

 現時点では、2019年に在籍したテッド・ビョーク、アンディ・プリオールの去就はアナウンスされていないが、チームは近日中にも残る2名のドライバーを発表する、としている。

2019年にチームへ合流したヤン・エルラシェールは、シアン・パフォーマンスLynk&Coからのエントリーだった
2019年はポールポジションやファステストラップを記録しながら、アクシデントなどで勝利を逃していた