【6日の天気】朝の冷え込みはきのう以上 西・東日本は日中暖かい 日本海側は雨や雪

©株式会社ウェザーマップ

6日(月)全国の天気と降水確率

 けさは、きのうよりも大幅に気温が低くなっている。ただ、日中は東・西日本で春の陽気が戻る見込みだ。
 一方、日本海側では、雨や雪が降り、風が冷たく感じそうだ。きょうはきのうよりも暖かい服装を心掛けたい。

西・東日本 朝は寒く 日中は暖かく

6日(月)午前5時の気温分布

 午前5時現在、東京の気温は7.6℃と、きのうの同じ時刻より3.5℃低くなっている。
 全国的にも、きのうよりも冷え込んでいる地域が多い。ただ、西・東日本では日中、晴れて気温が上がる予想。日差しがあるので暖かく、春の感じることが出来そうだ。
 きょうは、朝の寒さ、日中の暖かさに対応できる服装を心掛けたい。

北日本・北陸 雷を伴う雨や雪 強風で寒く感じそう

6日(月)昼前の発雷確率[上]と予想最高気温[下]

 北日本日本海側や北陸では、寒気を伴った低気圧の影響で、雨や雪が降っている。時間とともに雨や雪の範囲は狭まるが、北日本では一部、夜まで続くところがある見込みだ。また、午前中を中心に落雷や突風にも注意したい。
 気温は、日差しが少ないため、日中もきのうより低い予想。風も強いのでより寒く感じそうだ。きょうはきのうよりも暖かい服装がおすすめだ。

<6日の予想最高気温(前日差)>
札幌  8℃(±0℃)平年並み
仙台  11℃(-1℃)3月下旬並み
新潟  11℃(+1℃)3月下旬並み
東京  18℃(+4℃)平年並み
名古屋 16℃(+1℃)3月下旬並み
大阪  15℃(+1℃)3月下旬並み
福岡  17℃(+1℃)平年並み
那覇  22℃(±0℃)平年並み

(気象予報士・森戸美唯)