貴公子ベッカムに「似合いすぎた」かっこいいユニフォーム7選

©株式会社コリー

各国のリーグ戦が新型コロナウイルスの影響で中断となっている中、過去の試合を放送するコンテンツへの注目度が高まっている。

過去に多くのスターが存在したが、デヴィッド・ベッカムの華やかさは、とりわけ記憶に残っている方も多いことだろう。

ここではそんな懐かしい時代を中心に、現役時代のベッカムに「とても似合った」ユニフォームをご紹介しよう。

Manchester United (1996-98)

マンチェスター・ユナイテッド Umbro 1996-98 ホーム

薄くブラックのぼかしを入れた襟が特徴的な96-98モデル。袖のグラフィックも印象に残る。ベッカムはこのユニを着た97年のウインブルドン戦で、約55mのロングシュートを見事に叩き込んだ。

Manchester United (1997-99)

マンチェスター・ユナイテッド Umbro 1997-99 アウェイ

レッドとブラックの水平ストライプと、写真では見えないがシャドーの垂直ストライプを重ね合わせたオシャレなデザイン。胸の「SHARP VIEWCAM」は当時の商品名(ビデオカメラ)だ。

Manchester United (1998-2000)

マンチェスター・ユナイテッド Umbro 1998-2000 ホーム

袖のUmbroダブルダイヤモンドがレトロな雰囲気だが、胸元はジップアップ。クラシックとモダンを融合したデザインは人気を博した。90年代を代表する名作ユニフォームといえる。

England (1997-99)

イングランド代表 Umbro 1997-99 ホーム

1998年ワールドカップ・フランス大会で使われたユニフォーム。アシンメトリーカラーの胸元と脇のストライプが特徴的なデザインだった。なお、ベッカムは決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦で“愚かな”退場処分に。それを象徴する一着でもある。

England (2001-03)

イングランド代表 Umbro 2001-03 ホーム

2002年日韓ワールドカップで着用した一着は世界中でヒットしたが、とりわけ日本ではベッカムフィーバーと重なり、凄まじい人気に。イングランド代表のレプリカユニが売り切れで買えないという、今では信じられないような事態が発生したほどだった。

Real Madrid (2003-04)

レアル・マドリー adidas 2003-04 ホーム

このシーズンからベッカムはレアル・マドリーへ移籍し、銀河系軍団の一員となる。その最初のユニフォームは、胸元の切込みにモダンを感じつつも、どこかクラシックなデザインが強く印象に残った。

Paris Saint-Germain (2012-13)

パリ・サンジェルマン 2012-13 Nike ホーム

2013年1月にベッカムはPSGに移籍。このキットを身にまとったのはシーズン後半戦のみだったが、結果的にこれが現役最後のユニフォームとなる。ネイビーを基調としたキットは元から人気だったが、ベッカム移籍がレプリカユニの品薄に拍車をかけた。