サッカー史上に残る奇妙な「背番号9」だった3人の猛者

©株式会社コリー

今日は4月9日。ストライカーが背負うはずの9番を着けた風変わりなポジションの選手たちとは。

カリト・ブーラルーズ(元オランダ代表DF)

9番時代: チェルシー 2006-07

背番号9を背負ったDFとして真っ先に登場する人。

テクニックがなかったためにユース時代にはビッグクラブのトライアルに落選するなど、反骨精神からのし上がったモロッコ系オランダ人。

デビューしたRKC時代はつなぎ役のMF兼DFであったが、HSV移籍後はDFでほぼ固定された。

チェルシーの9番を彼から受け継いだスティーヴ・シドウェルもFWではなくボランチだった。

クリアコス・パパドプロス(現ハンブルガーSV 9番)

9番時代:ハンブルガーSV 2017~

複数の日本人選手とプレーした経験を持つギリシャ人DF。熱さと体を張る守備が売りの「無骨なストッパー」だ。

2017年1月に加入したHSVでは9番を背負い続けている。

イバン・デ・ラ・ペーニャ(元スペイン代表MF)

9番時代:エスパニョール 2013~2011

元祖ロナウドが世界一と評した天才パサー。

「リトル・ブッダ」の愛称で親しまれた小柄なMFはどう考えても10番タイプだったが、エスパニョールの2年目から9番を背負い続けた。