7月1日(水)にかけて西日本や東日本では大雨に警戒を

©株式会社ウェザーマップ

 発達中の低気圧や前線の影響で西日本や東日本では7月1日(水)にかけて大雨となる所がある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、落雷や竜巻などの激しい突風にも気を付けたい。

 低気圧が朝鮮半島付近にあり、低気圧から温暖前線が西日本にのびている。この前線は30日(火)に西日本から東日本を通過後、7月1日には北日本まで北上し、寒冷前線は1日にかけて西日本から東日本を通過する見込み。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発となる見通し。

 西日本では所々で激しい雨が降っており、特に九州では非常に激しい雨が降り大雨となっている所がある。西日本から東日本では1日にかけて局地的に雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある。
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、落雷や竜巻などの激しい突風にも気を付けるとともに、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めたい。