針尾弾薬庫周辺の工事用道路に6案 国が佐世保市に示す

©株式会社長崎新聞社

 米海軍佐世保弾薬補給所(前畑弾薬庫)を針尾島弾薬集積所(針尾弾薬庫)へ移転・集約する計画を巡り、佐世保市は29日の市議会基地対策特別委員会で、針尾弾薬庫周辺に整備する工事用道路について、国から六つのルート案が示されたと明らかにした。
 前畑弾薬庫の移転・返還は2011年に日米合同委員会で合意したが、着工時期は未定。工事車両の増加で住民生活に影響が出ないよう、市は17年から道路整備を要望している。
 市は特別委で、国が示した6案のうち、住民の生活道路から離れた陸上自衛隊早岐射撃場付近を通る2案のいずれかで整備するよう国に求めると報告。近く地元の自治協議会に説明する予定。国は本年度中にルートを決定し、21年度までに測量する。
 陸自水陸機動団が市に対し、部隊の周辺地域の生活環境改善を求め提出した要望書について、市は3月末に回答したことも併せて報告。要望のうち、商業・娯楽施設の整備は佐世保商工会議所に検討を依頼したとした。