【プレミアリーグ】プロキャリア初のフリーとなったハート…将来には楽観的な姿勢「レアルに行くとは思わないけど…」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

フリーエージェントのイングランド代表DFジョー・ハートは、自身の去就について言及した。

【プレミアリーグ】アーセナルが緊急補強を敢行⁉ GKハートをフリーで獲得か

33歳ハートは6月30日でバーンリーとの契約が満了となり、17年間のプロキャリアで初のフリー選手に。イングランド代表で75キャップを記録し一時代を築いたハートだが、今シーズンは公式戦3試合の出場に留まっていた。それでもハートは去就について慌てておらず、レアル・マドリード移籍の冗談で言うなど楽観視している。

「プレミアリーグで1年半もベンチに座らなければならなかったけど、それが僕を定義するものではないよ。自分が何をしてきたか覚えている。地元のサンデーリーグでプレーし、シュルーズベリー・タウンのレギュラーになろうとした男だ。僕は早い段階で多くを学んだ。良いことも悪いことも心地よく受け入れなければならない」。

【プレミアリーグ】今夏にフリーとなるハート、トリノ以来の海外挑戦を示唆「大役を任されるクラブに行きたい」

「フリーになって外からはパニックになる時期かと思われるかも知れないけど、内面を見つめるチャンスの時期だ。GKに関していえば、僕はまだ若い。まぁレアルがクルトワの後任として僕を連れてくるとは思ってないよ。でもやれることがたくさんある。僕を信じてくれる人が必要だし、その信頼に答えたい」。

ハートが自身の去就に言及