ライコネンのタイヤ脱落でアルファロメオF1チームに罰金:F1 オーストリアGP

©株式会社サンズ

 アルファロメオF1チームは、月曜日の午前中にFIAに対して5,000ユーロ(約60万円)の支払いを送ることになった。決勝レース中にキミ・ライコネンのマシンからタイヤが脱落したために罰金を科されたのだ。

 日曜日のオーストリアGPでライコネンは19番グリッドからスタートし、2回目のセーフティカーが出動した51周目には12番手までポジションを上げていた。そして、終盤の追い上げを狙ってソフトタイヤに交換するためにピットストップを行なった。

 セーフティカーが導入された3周後の54周目。55周目からレースリスタートのアナウンスが出て各車が最終セクションから加速していく流れに当然ライコネンも続いたが、右フロントのタイヤが緩み始め、ターン9に進入したときに完全に脱落してしまった。すでに最終コーナーを過ぎていたライコネンはマシンをメインストレートのピットウォール側に止めなければならなかった。

 レース後の調査により、タイヤ交換の際にホイールナットが斜めに入っていたことが判明。

「損傷したホイールとアクスルシャフトの写真を検証した結果、RHS(右側面)フロントのホイールが、タイヤ交換の際に斜めに取り付けられていたのは明らかだった。しかし、ホイールガンオペレーターは確認できていなかった」とオーストリアGPのスチュワードは声明を出した。

「その結果、マシンがレースに戻ると、右フロントのタイヤが外れた」

「しかしながらスチュワードは、チームもドライバーもマシンが危険な状態にあることに気づく機会がなかったために、マシンを止めなかったということを承知している」

「これらの状況を考慮し、5,000ユーロの罰金が適切だとした」

 レースをフィニッシュできなかったドライバーが多かったレースにおいて、ライコネンの不運は、チームメイトのアントニオ・ジョビナッツィが9位入賞したことで幾分相殺されたかもしれない。

2020年F1第1戦オーストリアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)
DAZN新規会員2ヶ月無料キャンペーン実施中