ライコネン「トラブルには驚いた。レースペースはポジティブなので改善を続けたい」:アルファロメオ F1オーストリアGP日曜

©株式会社サンズ

 2020年F1第1戦オーストリアGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは、レース中に右のフロントタイヤが外れるトラブルに見舞われ、リタイアに終わった。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=リタイア
 見通しは悪くなさそうだっただけに、こんな形でレースを終えることになって残念だ。土曜の予選と比べると明らかに進歩していて、クルマにはそこそこの速さがあった。

 最初のセーフティカーのタイミングで、いくつかポジションを失ったものの、まだ十分にいい位置につけていたし、フレッシュなタイヤに履き替えたあとは、ポイントを目指して戦えたはずだ。

 だが、残念なことに、結果としてはリタイアを強いられた。あのトラブルには驚かされたよ。予兆は何もなかったからね。いったい何が起きたのか、しっかり調べる必要がある。差し当たり、レースコンディションでのペースについてはポジティブな点がいくつかあったし、引き続きクルマを改善していきたい。

2020年F1第1戦オーストリアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)