【カタール】アル・サッドのチャビ監督がコロナ感染…チームは技術コーチが臨時で指揮

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

アル・サッドは25日、チャビ・エルナンデス監督に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。

【ラ・リーガ】35歳カソルラがアル・サッド加入へ!盟友チャビ率いるクラブで新たな挑戦

元バルセロナのチャビ氏は7月下旬、カタール・サッカー・リーグ(QSL)のテストの結果コロナウイルス感染が発覚。無症状で自己隔離となり、自身のInstagramでは「私はシーズン再開戦に参加する事はできないだろう」と投稿している。「テクニカルスタッフが私の代わりに指揮する事となる。数日前にQSLのテストを行い陽性反応が出た。幸いにも私は元気でいるが、オールクリアとなるまで隔離される。許可が出れば日常生活と仕事に戻りたいと思う」。カタール1部リーグは3月から中断していたが、今月24日に再開。3位アル・サッドは25日に再開戦を迎えていた。

チャビがコロナウイルス感染