【MLB】前田健太、6回2/3、2失点で勝利投手の権利持ち降板 メジャー通算50勝&今季3勝目なるか?

©株式会社Creative2

ブルワーズ戦に先発したツインズ・前田健太【写真:AP】

3試合連続のクオリティースタートで防御率は2.66

■ブルワーズ- ツインズ(日本時間13日・ミルウォーキー)

ツインズの前田健太投手が12日(日本時間13日)、敵地でのブルワーズ戦に今季4度目の先発。6回2/3、5安打5奪三振2失点の好投を見せ、メジャー通算50勝&今季3勝目の権利を持って降板となった。3試合連続のクオリティースタート(QS)で防御率は2.66。

前田は初回からエンジン全開で3イニング連続3者凡退に抑える快投。4回は2死からイエリッチにこの日初安打となる右前打を浴びたが、続くガルシアを右飛に仕留め無失点で切り抜けた。

その後も5回は3者凡退。6回は2死からソガード、ヒウラに連打を浴び二、三塁のピンチを背負うとウリアスに左前に2点タイムリーを浴びた。

7回もマウンドに上がった前田。先頭のスモークに右前打を浴びたがブラウンを空振り三振、ギャメルを中飛、ナルバエスに四球を与え一、二塁となったところで降板。2番手でマウンドに上がったシールバーが後続を打ち取った。

ツインズ打線も序盤から大爆発。2回に1死一塁からケーブの左翼線タイムリー二塁打など5安打を集中させ一挙5点を奪った。さらに3回にもサノが一発を放つなど7回まで12点を奪い前田を援護した。(Full-Count編集部)