三浦半島を「まるごと」満喫 新しいおトクなきっぷを10月発売 京急

©株式会社エキスプレス

画像:京急電鉄

京急電鉄は2020年10月1日(木)から、「三浦半島まるごときっぷ」を発売します。

2日間有効の電車・バス乗車券と、同社の看板商品である「みさきまぐろきっぷ」「よこすか満喫きっぷ」「葉山女子旅きっぷ」の加盟店で使用できる「お食事券」、約50店舗で使える「施設利用・お土産券」の3枚がセットになったものです。

乗車券の内訳は電車が「発売駅から金沢文庫駅までの往復乗車券」と「金沢文庫以南の路線におけるフリー乗車券」、バスは「金沢文庫以南の京浜急行バスフリー乗車券(江ノ島・鎌倉・大船エリアを含む)」となっており、京急版のワイド周遊券のようなものとして捉えて差し支えないでしょう。

価格は品川発が大人4,660円、横浜発が大人4,250円。発売場所は京急線全線各駅(泉岳寺駅除く)、(株)日本旅行。

また現在発売中の「三浦半島1DAY・2DAYきっぷ」は発売額据え置きで京急バスフリー区間の江ノ島・鎌倉・大船エリアまでの拡大、さらに優待特典が受けられる施設の新規追加といったリニューアルを実施。これにあわせて10月1日(木)~11月30日(月)まで、オリジナルグッズをプレゼントする「マイクロツーリズムで再発見!!遠くに行かなくてもいいじゃん三浦半島!キャンペーン」も実施予定です。

鉄道チャンネル編集部