結婚式、諦めないで 長崎の式場が「アウトドアウエディング」企画

©株式会社長崎新聞社

「ザ ヴィラズ 長崎」がメディアにお披露目したアウトドアウエディングプラン=長崎市

 長崎市福田本町の結婚式場「ザ ヴィラズ 長崎」が、挙式から披露宴まで屋外で行う「アウトドアウエディング」プランを売り出した。新型コロナウイルス禍の中でも、屋外で安心して晴れの日を楽しんでもらおうと企画した。長崎県内では初の試み。

 ヴィラズによると、新型コロナの影響で、今年4~8月に予定していた結婚式の実施はゼロ。大半は延期となり、密閉、密集、密接を避けるため、招待客を減らすカップルもいるという。今回は「結婚式を諦めることなく、安心して楽しく過ごしてもらいたい」と、海や広い庭に囲まれた立地を生かし、開放的な空間で披露宴まで挙げられる2タイプを提案した。
 ラグジュアリースタイルは、従来の屋内でのテーブルスタイルをそのまま屋外に移した形。料理はコース料理、スタッフが取り分けるビュッフェ形式などから選べる。グランピングスタイルは、新郎新婦席にテントを活用するなど、自由で服装もカジュアル。たき火やバーベキューでもてなすことも可能という。時期は春と秋を想定している。
 20日、業者やメディア関係者に実施内容を公開。クルーズ船や水鉄砲を使ったり、シェフが肉を焼く際に大きな炎を上げるパフォーマンスをしたりと、屋外ならではの演出を披露した。
 担当者は「堅苦しさを忘れ、遊び心のある独創的なサービスを提供していきたい」としている。