吉沢亮出演のガーナチョコ新WEB-CMに「ちょうどいい亮と、ヒキョーな亮」が登場

©株式会社ジェイプレス社

ロッテが、『ロッテ ガーナブラック/ガーナローストミルク』の新TV-CM「ガーナブラック&ローストミルク」篇を11月2日(月)より全国でオンエアを開始する。また、新WEB-CM「ちょうどいい亮と、ヒキョーな亮」篇を11月9日(月)より配信を開始する。

今回、CMキャラクターとして俳優・吉沢亮を起用。TV-CMは、“ちょうどいい”おいしさのガーナブラックと“ヒキョーな”おいしさのガーナローストミルクをおいしそうに味わう内容になっている。一方WEB-CMでは、“ちょうどいい”優しさと“ヒキョーな”ズルさを持っている吉沢亮として、一人二役に挑戦した。

【TV-CMストーリー】

ガーナブラックとガーナローストミルクを試しに食べてみる吉沢さん。まずはカカオ成分が50%入っているガーナブラックを一口。そのすっきりとした後味に、「ちょうどいい。」とつい頷いてしまいました。そして次に、ガーナローストミルク。「ロースト・・・焦がすってこと?」と、どんな味なのか想像しながら食べてみる吉沢さん。口の中に広がる風味豊かな味わいに、「うーん、これはヒキョー。」と少し“やられた”というような表情を浮かべるのでした。

【WEB-CMストーリー】

ガーナブラックを食べた吉沢さんは、なんだかちょうどいい。彼女の好みの温度のお湯をお風呂に入れたり、鼻歌を歌っていると心地よい音程でハモってくれたり。最後はカカオ50%のちょうどいいガーナブラックを食べさせてくれて、彼女を心地よくさせてくれます。一方、ガーナローストミルクを食べた吉沢さんは、どこかヒキョー。ゲームでハメ技ばかり使ってきたり、彼女が家事を頼もうとするといつの間にかいなくなったり。極めつけは、ミルクを焦がしたヒキョーなおいしさのローストミルクで、全てをチャラにしようとするのでした。

<吉沢亮 撮影後インタビュー>

Q1:撮影の感想をお聞かせください。

(食べた時のリアクションについて)割とリアルさを求められつつ、カメラ目線というあんばいがなかなか難しかったのですが、チョコ自体が両方すごいおいしかったので、自然な演技ができて良かったです。

Q2:CMの中でも「ちょうどいい」というセリフがありました。吉沢さんにとって「ちょうどいい」休憩や息抜き方法を教えてください。

家でひたすら漫画ですね。漫画を読むか、携帯アプリを楽しむか、お酒を飲むかですね。あとは(録画が)溜まっているバラエティ番組を観ます。昔から漫画もバラエティ番組も好きなので、今とあまり変わらないですね。基本的にインドアなので、家で出来ることをずっとやっています。

Q3:CMの中でも「ヒキョーな味」というセリフがありました。4人兄弟の吉沢さんですが、今思い返せば「これ、ヒキョーだったな」と感じるエピソードを教えてください。

例えば、兄弟で昔TVゲームでよく遊んだ際、兄貴が負けないように2位の位置をキープする努力をしていました(笑)。たまに僕が勝っちゃうと、兄貴はキレるんです。なので、兄貴をたてる。ある意味ヒキョーですよね。ちなみに弟と僕でゲームする時は、僕をたてて1位にしてくれます。なので兄弟4人でゲームすると、兄弟の順番通りの順位になります。譲り合って生きています(笑)。

Q4:ガーナブラックとガーナローストミルクを実際に味わっての感想をお聞かせください。

ブラックはセリフ通りちょうどいい甘さで、僕は結構好きでした。ずっと食べていられるというか。それこそコーヒーやお酒とかとも合うんじゃないかなと思いました。ローストもおいしかったです。ローストしたことでミルクの香りが際立っている感じがしましたし、普通のガーナミルクチョコレートと違った楽しみ方が出来るんだろうなと思いました。ヒキョーな味、というのも納得です。

Q5:ずばり、どちらの味がお好みですか?

(悩みながら)僕はブラックですかね・・・。ローストもおいしかったんですけど、ブラックがおいしすぎたかもしれないです。本当に「ちょうどいい」って感じがします。撮影現場や疲れた時に食べたいです。渋めの味が(個人的に)好きなのかもしれません。

Q6:本格的な秋になりました。残りの下半期、年末に向けてご自身の抱負を聞かせてください。

体調管理です。大河ドラマを演じながら舞台も行う予定なので、とにかく元気に。声出していこうと思います。普段は声が小さく(性格の)ベースが暗いので、そこを底上げして、気合もっていかないと。とにかく元気に!(笑)

Q7:新しい生活様式により、家でお酒を飲まれる機会も増えています。そこで吉沢さんオススメの、ガーナとお酒の組み合わせがありましたら教えてください。

ブラックは、ウイスキーとか飲みながら食べてもおいしそうですよね。お酒は基本何でも飲みますが、赤ワインが割と好きです。(ガーナと一緒に)赤ワインとも、合うかもしれないです。

Q8:ステイホーム期間が長かったと思いますが、心境など変化がありましたらお聞かせください。

撮影の仕方も変わってきていますし、僕たち(演者側)もフェイスシールドや手消毒の徹底、そして距離をとって撮影することもあります。今まで意識をしていなかったことを意識することは、すごく良いことなんだろうなと思っています。大切に思っているからこそ、距離をとる。ちゃんとこの現場を良くしたいと思うからこそ、徹底してやる。これは思いやりだと思いますし、改めて大事だなと気付かされた気がします。