パナソニック、追従型のパーソナルモビリティを発売 WHILLと共同開発

©株式会社自動車新聞社

パナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社(以下、PPE)は、安全停止機能、追従走行機能を実装したパーソナルモビリティ「PiiMo(ピーモ)」を2020年11月から発売すると発表した。

PiiMoは、障害物を検知すると減速・停止する「自動停止機能」と、先を走る機体に追従する「自動追従機能」を実装した新しいパーソナルモビリティだ。先頭の一台を搭乗者もしくはスタッフが操作し、後続のモビリティが自動追従することで、安全に効率よくグループでの移動が可能になる。また、モビリティ同士はWi-Fi通信でモビリティ間での情報共有を行い、後方で取り残しなどが発生した場合、後方モビリティ搭乗者からの停止リクエストを送ることも可能だ。

パナソニックの発表によると、本体重量は70kgで最大搭載重量は100kg(内、手荷物台は10kg)。最高速度は時速4kmで、連続走行距離は約16km(走行条件によって異なる)。

2015年からパナソニックは、パーソナルモビリティ開発などを行うWHILLと共同で、高齢化社会において移動困難者をサポートするロボット型の電動車いすの開発を継続してきた。WHILL社の製品をベースに独自の安全技術、制御技術を搭載したモビリティの開発を行い、空港、駅などさまざまな環境で実証実験を積み重ねてきた。今回、PPEはWHILL社のパーソナルモビリティの供給などに関する契約締結に合意し、PiiMoの販売を開始する。

パナソニックとPPEは、「今後も最新技術の開発・導入に積極的に取り組み、これまでにない移動体験を実現する次世代のロボティックモビリティの開発を行ってまいります」としている。

■関連記事

WHILLが近距離モビリティの新モデル発表、シニア層のQOL向上を目指す

近距離モビリティを開発するベンチャー企業のWHILL株式会社(以下、WHILL)は17日、新モデル「WHILL Model C2」の発表会を開催し、21日(敬老の日)より予約販売を開始した。ウィズコロナ時代も見据え、シニア層のQOL向上に貢献する近距離モビリティとして展開する。乗り心地と操作性が...