エッシェン、元同僚ランパードのチェルシー監督就任に驚き「あんなに静かな奴だったのに…」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マイケル・エッシェン氏は、元同僚フランク・ランパードのチェルシー監督就任に驚いていたようだ。

【ラ・リーガ】ウィンドウ最終日にレアルと契約したエッシェン、ドタバタだった移籍劇を回顧「試合に向かう途中に電話が来て…」

37歳エッシェンは選手時代にチェルシーでランパードと8シーズン過ごし、イングランド国内やUEFAチャンピオンズリーグなどのタイトルを獲得。昨年にはファンが選ぶチェルシー歴代ベストイレブンに両者選ばれた。エッシェン氏はイギリスメディア『talkSPORT』のインタビューに応じ、ランパードがチェルシーで指揮している姿は想像していなかったと明かしている。

チェルシーが3発快勝で無敗をキープ!セビージャは2点差ひっくり返し逆転勝利!

「フランクはドレッシングルームでリーダーの1人だった。彼が監督になるとは思ってなかったよ。とても静かで落ち着いていて、自分の仕事をしていたからね。でも彼がその仕事を受けたことに驚きはない。彼はチェルシーをよく知っているし、監督しても選手としても簡単に行ける場所ではないからね。初年度は選手獲得に苦労していたけど、上手くやったね。今シーズンはもっといい成績を残すと思うよ」。

ランパードの監督就任に驚いたと語るエッシェン