NPBが日本Sの全試合DH制を発表「投手の肉体的負担や怪我のリスクを少しでも軽減」

©株式会社Creative2

NPBは日本シリーズ全試合でDH制を採用すること決定したと発表した

全試合DH制は1985年以来、35年ぶり2度目

日本野球機構(NPB)は19日、臨時実行委員会を開催し、21日からの「SMBC日本シリーズ2020」において、全試合でDH制を採用することを12球団一致で決定したと発表した。日本シリーズの全試合DH制は1985年以来、35年ぶり2度目となる。

当初は巨人がホームとなる第1戦、第2戦、第6戦、第7戦はDH制なしで行われる予定だったが、2日前に急遽、変更に。新型コロナ禍で行われた異例づくめのシーズンだったこともあり、NPBは「通常のシーズンに比べ、選手の疲労度・肉体的負担も格段に多かった特殊なシーズンであったという状況に鑑み、投手の肉体的負担や怪我・故障のリスクを少しでも軽減することにつながることから、今シーズンのコロナ特例の一つという位置づけで判断しました」と説明した。(Full-Count編集部)