「走攻守のあらゆる面で見劣り」 日本S語り草“33-4”の守護神が語るセパの実力差

©株式会社Creative2

ソフトバンク・工藤公康監督(左)と巨人・原辰徳監督【写真:藤浦一都、読売巨人軍提供】

まずは春季キャンプから「日本一」に目標設定すべし

■ソフトバンク 4-1 巨人(日本シリーズ・25日・PayPayドーム)

25日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第4戦は、ソフトバンクが4-1で巨人を下し、史上初の2年連続“スイープ”(4勝0敗)で4年連続日本一を達成した。今年は日本シリーズ史上、両軍の得点の総計が「33-4」で過去最悪のワンサイドといわれた、2005年のロッテ-阪神に匹敵すると話題になっている。しかし、日米通算234セーブを誇り、05年当時ロッテの守護神だった小林雅英氏は「それどころではない。パとセの差はあの時より広がっている」と警鐘を鳴らした。

巨人は1回、1番に抜擢された若林が右中間を破る二塁打を放ち、続く2番・坂本が左翼フェンス直撃の先制適時二塁打。このシリーズで第4戦にして初めてリードを奪った。

しかし、流れが来たかに思えたのは、つかの間だった。先発の畠はその裏、1死から中村晃に右翼線二塁打を浴び、続く柳田に右翼席へ逆転2ランを被弾。あっという間にひっくり返され、続く2回にも甲斐に2ランを許し、差を広げられたのだった。

スコアは第1戦が5-1、第2戦13-2、第3戦4-0、そして第4戦4-1。合計26-4の数字が、両軍の埋めがたい差を物語っている。巨人はセ・リーグを独走で制したのがウソだったかのように、完敗を繰り返した。昨年の日本シリーズも同じソフトバンクにスイープされ(合計23-10)、雪辱を誓って臨んだが、むしろ差を広げられてしまった格好だ。

「2005年は勢いの差、ここ数年はパ・リーグとセ・リーグの間にはっきりと力の差がついている」

今年のシリーズは、ボビー・バレンタイン監督が率いたロッテが10-1(7回1死濃霧コールド)、10-0、10-1、3-2(合計33-4)で、岡田彰布監督の阪神を一蹴した2005年に匹敵するワンサイドとも評されている。当時ロッテの守護神だった小林氏は、あまりに圧勝続きだったため出番に恵まれず、最後の第4戦で、1点リードの9回に登坂し無安打1四球無失点に抑え、胴上げ投手となったのが唯一のマウンドだった。

スコアだけを見れば、05年よりは今年の方がまだしも両軍の力が拮抗しているようにも思えるが、小林氏の見解は違う。

当時はまだCSが導入されておらず、パ・リーグにだけ第1ステージと第2ステージからなるプレーオフがあった。小林氏は「僕らはレギュラーシーズンでは2位に終わったが、第1ステージで西武、第2ステージでソフトバンクを破って、31年ぶりの日本シリーズを果たして、ノープレッシャーで臨んだ。本当に野球が楽しかった。対照的に阪神は優勝を決めてから2~3週間のブランクがあって、試合勘を失っていた」と振り返る。

「2005年は勢いの差だった。しかし、ここ数年はパ・リーグとセ・リーグの間にはっきりと力の差がついている。セは走攻守のあらゆる面で見劣りする」と断言するのだ。

これで日本シリーズでは13年の楽天以降、パ・リーグ球団が8連勝。このままでは頂上決戦の価値が疑われる事態だ。小林氏は「普段のレギュラーシーズンで勝てている以上、自分たちのパフォーマンスに疑問を持つのは難しいが、もはや巨人をはじめセ・リーグ球団は、リーグ優勝だけでは喜んでいられないでしょう」と指摘。「春季キャンプの段階から『パ球団を倒して日本一になること』を目標に設定して、選手個々が意識を上げてやっていくしかない」と奮起を促した。

スコア差「26-4」、実力差はもっとあった2020年に底を打ち、日本シリーズは実力拮抗の時代に向かった─と後々言われることになってほしいものだ。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)