AEDで“救命リレー” 高校生ら5人表彰

©株式会社長崎新聞社

人命救助功労者として表彰された(前列右2人目から)沖升さん、粟田さん、三田村さん、中江さん=諫早消防署

 諫早消防署(冨岡正英署長)は28日、長崎県諫早市多良見町の県立西陵高武道場で倒れた男性(52)を連携して救助したとして、居合わせた保護者と同校生ら5人に感謝状を贈った。心臓マッサージと自動体外式除細動器(AED)による適切な対応が、男性の一命を取り留めた。
 5人は会社員の沖升正則さん(46)=長崎市白鳥町=、看護師の粟田千栄さん(51)=同市田中町=、看護師の三田村幸香さん(41)=西彼長与町=、長崎市立緑が丘中教諭の佐々木浩子さん(51)=同町=、西陵高2年の中江駿介さん(17)=諫早市長田町=。
 同消防署などによると、11月14日正午ごろ、西陵高と緑が丘中の剣道部の練習中、指導者の男性が突然、倒れた。見学していた保護者の沖升さんが119番通報し、同じく保護者の粟田さんと三田村さんが交互に心臓マッサージを開始。中江さんがAEDを搬送し、佐々木さんがAEDで電気ショックを与えた。男性は心臓マッサージ開始から約4分後に意識が戻り、救急搬送後に入院。後遺症はなく、自宅療養中。
 中江さんは「(男性は)練習をつけてくれる先輩で、命が助かり、よかった。もしものときのために心臓マッサージができる能力を身に付けたい」と話した。