システナ、自動運転バス実証でソフトウェア開発支援を実施

©株式会社自動車新聞社

車載ソフトウェアの開発などを行うシステナは、BOLDLY(前社名:SBドライブ)から業務の一部を受託し、北九州エリアでの自動運転バスの公道走行実証実験(10月22日から11月29日まで)に、バスの通信制御などの開発と導入の支援を実施。同社は30日付けでその概要を公表した。

■関連記事

西鉄、自動運転バスの実証を北九州で開始 信号機連携、AI危険予測なども検証

西日本鉄道(以下、西鉄)とグループ企業の西鉄バス北九州は、10月22日から北九州エリアで中型自動運転バスの実証実験を行うと発表した。自動運転システムの検証のほか、信号情報との連携やAIによる危険予測など、安全性向上に向けた最新システムの検証なども行う。実証実験は10月22日から11月29日に...

システナは、実証実験の自動運転車両運行プラットフォームとして採用した「Dispatcher(ディスパッチャー)

」のソフトウェア開発と、複数の車両を制御してDispatcherと連携するためのソフトウェア(ライブラリ)の開発を支援した。

※1 BOLDLYが提供する自動運転車両の遠隔運行管理を行えるプラットフォーム。

今回の実験では、交差点の安全性を確保するため「信号情報提供システム」および「危険情報提供システム」を車両と連携させた。さらに、走行の安定性を確保するために、GPS電波が入りにくくなる区間に磁器マーカを埋設し、車両と連携する実験も行った。

実験で走行するルートと、連携するシステムの位置を表した地図

今後も、システナはBOLDLYへの支援を通じて、自動運転システムの発展に貢献していく考えだ。2021年2月に予定されている実証実験についてもDispatcherの開発支援を行う予定。