【新日本】テンコジとUEの抗争がさらに激化!ブチ切れ天山は「ボッコボコにするでホンマに」

©株式会社東京スポーツ新聞社

オーカーン(左)の反則攻撃に天山もキレた

24日の新日本プロレス後楽園ホール大会で、天山広吉(49)、小島聡(50)の「テンコジ」とウィル・オスプレイ(27)、グレート―O―カーンの「ユナイテッド・エンパイア(UE)」の抗争が泥沼化した。

両軍の抗争は6日東京ドームシティホール大会で天山がオーカーンの掟破りTTDで首を破壊され欠場に追い込まれたのを機に勃発。23日大田区総合体育館大会で天山が復帰を果たすと、イスでオーカーンをメッタ打ちにして反則負けと抗争は激化していた。

この日もタッグマッチで激突した両軍はさらにヒートアップ。UEが試合開始のゴングを待たずして奇襲攻撃を仕掛け、早々から激しい場外乱闘が展開された。リングに戻った天山はオーカーンとモンゴリアンチョップの応酬を繰り広げるが、オスプレイが背後からイス攻撃を浴びせるとUEはリング上に大量のイスを集める暴挙に出る。制止するレフェリーにオスプレイが暴行を働いたため、わずか3分39秒でノーコンテストとなってしまった。

試合が強制終了されてもオーカーンは天山にイス上に向けてTTDを仕掛けようとするが、ここは小島が助太刀に入り阻止。なおもののしり合う両軍は何とか周囲に制止され退場した。

30日の愛知県体育館大会では天山がオーカーンと、小島がオスプレイとそれぞれシングルマッチで激突する。完全にブチギレモードの天山は「オイ! 岡! よくやってくれたな! お前ら試合する気あんのか、オイ、アアン! オイ殴ったろか、クソッタレが、オイ!」とあまりの怒りからか謎の人物名を口にしてUEへ宣戦布告。

「こんなの試合ちゃうぞ! アイツらお前、なんでも来いって、オイどこでもええよ。明日(25日、後楽園)もやるけどボッコボコにするでホンマに。シングルマッチも関係ない、その前にアイツらお前殺してやる、ホンマに。ぶっ殺すぞホンマに。クソッタレ! バカタレが」と殺害を予告した。

パートナーの小島も憤りをあらわにして「これがテメーらのやりたいプロレスか! 下らねえ! 30年プロレスやってて一番下らねえプロレスだよこんなの! 辞めちまえ、こんなんだったらよ! ふざけんなよ、テメーら、オイ!」とバッサリ。仁義なき抗争の行方は果たして――。