マスターに慢心なし! 中日・阿部が虎の開幕候補・青柳&藤浪を痛打

©株式会社東京スポーツ新聞社

好調が続く中日・阿部

中日・阿部寿樹内野手(31)が気を吐いた。阪神との練習試合(27日、北谷)で「4番・二塁」で先発出場すると、タイムリーを含む2安打。チームは1―8と惨敗を喫したが、虎の開幕投手候補でもある2人からきっちり安打をお見舞いした。

3点ビハインドの2回の先頭で相手先発・青柳から右翼へ安打。4点を追う4回一死三塁では2番手・藤浪から左翼へ適時打を放ち、この日、チーム唯一の打点を稼いだ。

右へ左へバットが振れており「打てて良かったです」と言いながらも「今の時期は打っても不安だし、打たなくても不安なので」と吐露する。

好調を維持しているとはいえ「シーズンに入るまでは、いつ打てなくなるのか分からないので。シーズンが終わるまでは安心できない。常に不安なので、それを払拭するために練習をするしかない」。マスターにとって慢心という二文字はなさそうだ。