ソフトバンク・真砂が途中出場で一発「食らいついていきました」

©株式会社東京スポーツ新聞社

本塁打を放ちナインに迎えられるソフトバンク・真砂

与えられたチャンスは逃さない。9年目のソフトバンク・真砂勇介外野手(26)が3日の中日とのオープン戦(ペイペイドーム)に6回の守備から途中出場し、唯一の打席となった8回に先頭打者で右翼ホームランテラスに放り込んだ。

カウント2―2から左腕・橋本が投じた外角低めへの直球に対し、素直にバットが出た。「追い込まれていましたが、逆方向を意識して食らいついていきました」。常に心掛けている「2ストライク後の打撃」で粘り強さを発揮。その感触を楽しむかのようにゆっくりとダイヤモンドを1周した。

右の大砲と期待されながら伸び悩んできた。昨季の50試合出場が自己最多で、外野には開幕に間に合えば確実に席が用意される柳田とグラシアルがいる。オープン戦を含めた対外試合でコンスタントにアピールしている上林に、昨年の日本シリーズでMVPに輝いた栗原とライバルも多い。

外野の一角に割って入るために必要なのは結果だ。工藤監督も「(外野のポジション争いは)柳田くんが普通に帰ってくれば、グラシアルが普通に戻ってくれば…というところになってくる」と厳しい現状に言及しつつ「自分が勝ち取るという強い気持ちでやってほしい」とエールを送る。

ライバルの上林と栗原はいずれも左打ち。チーム事情を考えれば、長打力のある右の外野手に付け入る隙はある。真砂は「外野手争いがし烈なので、そこに割って入れるように結果を出していきたい」と前を見据えた。