巨人・丸、中島、若林のコロナ陽性が確定 球団による検査で新たにウィーラーも陽性判定

©株式会社東京スポーツ新聞社

ヤクルト戦前の円陣後、ベンチに戻るウィーラー

巨人は4日、3日に行った新型コロナウイルスの定期検査で陽性と判断された丸佳浩外野手(31)と中島宏之内野手(38)と、再検査が必要とされた若林晃弘内野手(27)が、この日午前に都内の医療機関で改めて診断とPCR検査を受けた結果、3名全員の陽性判定が確定したことを発表した。

また、同日朝、3名を除く一軍の選手、監督・コーチ、スタッフなど86人に対し、球団としてPCR検査を行ったところ、午後1時過ぎにゼラス・ウィーラー内野手(34)が新たに陽性と判定されたことも明らかにした。

ウィーラーは同日のヤクルト戦(東京ドーム)での先発出場が発表されていたが、最終メンバー確認の段階で立岡に変更となった。ウィーラー及び、接触時間が長かったスタッフは隔離処置がとられた。

球団は5日にも一軍の監督・コーチ、選手、スタッフを対象にPCR検査を実施。陰性を確認したうえで阪神戦(6日、甲子園)に臨む予定という。