デ・ブルイネがクラブレジェンドの領域へ!マンCと2025年まで契約延長

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

 マンチェスター・シティのケビン・デ・ブルイネは、クラブと2025年まで契約延長に締結した。

ドルトムントとの激闘を制したマンC グアルディオラは先勝に安堵「重いプレッシャーがのしかかっていた」

 6月で30歳になるデ・ブルイネは、2023年までだったマンCとの契約を2年延長。2015年にヴォルフスブルクから移籍して以来、7つの主要トロフィーを獲得しているデ・ブルイネは今シーズン4冠の可能性を残しており、クラブレジェンドの領域に迫っている。契約書にサインしたデ・ブルイネは、「これ以上の幸せはない」と喜びを語った。

「2015年にマンCに加入して以来、自分のホームのように感じている。ファンも愛しているし、家族もマンチェスターに住んでいて、僕自身のプレーもうまくいっている。このクラブは成功に向けた準備がされている。全てを提供してくれるから、サインするのは簡単だったよ。僕は今キャリアで最高のサッカーをしているし、正直まだまだこれからだと思っているよ」。

デ・ブルイネがシティと契約延長か インタビューで残留を望む「ここに残りたい」

「ペップと僕はサッカーを同じように捉えている。目標が完全に一致していて、監督と同じことを望んでいることは僕にとってとても重要だ。今の僕の焦点は、今シーズンを成功に終わらせること。これまでの結果とパフォーマンスは素晴らしいものだけど、僕たちに相応しいトロフィーを手に入れてシーズンを終わらせたい」。

デ・ブルイネがマンCと契約延長 Photo Matt McNulty - Manchester City

この記事はいかがでしたか?