【新日本】もう二度と放さない君の瞳…KENTA YOSHI―HASHIとの激戦を制し「棒」奪還

©株式会社東京スポーツ新聞社

棒を手にYOSHI-HASHI(右)を襲おうとするKENTA

新日本プロレス15日後楽園大会で、棒を巡って抗争中のKENTA(40)とYOSHI―HASHI(38)がなりふり構わぬ争奪戦を繰り広げた。

YOSHI―HASHIの所持物であった棒を強奪したKENTAは、一方的に真剣交際を宣言。これを機に両者の抗争が激化し、19日後楽園大会ではシングルマッチ、20日後楽園大会ではNEVER無差別級6人タッグ王座戦(王者YOSHI―HASHI、後藤洋央紀、石井智宏組VS挑戦者KENTA、高橋裕二郎、石森太二組)での激突が決定している。

この日の10人タッグマッチでは互いに一歩も譲らない激しいエルボー合戦を展開したが、最後に意地を見せたのはYOSHI―HASHIだった。棒で殴りかかろうとしたKENTAにトラースキックを浴びせると、孤立した外道(52)からバタフライロックでギブアップを奪う。さらには試合後のリング上で棒まで奪還に成功した。

ところがKENTAの棒へのただならぬ愛は執念じみていた。意気揚々と引き上げたYOSHI―HASHIの花道を追走すると、バックステージ付近で襲撃し、またも棒を強奪。大事そうに抱きしめながら控室へと去っていった。

「ふざけんな、バカ野郎、てめえ! クソ―ッ!」と悔しさをあらわにして絶叫するYOSHI―HASHIを尻目に、KENTAは大会後に棒と接吻をかわす写真をSNSに投稿。「離さねぇって言っただろ」と、山根康広の「Get Alоng Tоgether」ばりに、ずっと守っていく決意を明かしていた。