貴重なアウェイゴールを持ち帰ったチェルシー 百戦錬磨のレアル下しファイナル進出なるか 〜CL準決勝2ndレグプレビュー〜

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

 対戦経験の少ないレアル・マドリードに真っ向から挑み、貴重なアウェイゴールを持ち帰ったチェルシー。百戦錬磨のレアルを本拠地スタンフォード・ブリッジで破り、UEFAチャンピオンズリーグ決勝の舞台に立つことができるか。

古巣チェルシー戦に臨んだアザール 「今はレアルの選手。相手が誰でもただ勝ちたい」

欠場者情報
チェルシー
・ハムストリングに問題を抱え直近の数試合を欠場していたマテオ・コバチッチ。懸命なリハビリで回復し、2ndレグはプレー可能となった。

レアル・マドリード
・ルーカス・バスケスはバルセロナとの“エル・クラシコ”で左膝の後十字靭帯を捻挫。深刻な状態で、今シーズン終了が決定的となった。
・ラファエル・ヴァランヌは直近オサスナ戦で右足外転筋の負傷を確認。またフェルラン・メンディもケガから復帰に向けリハビリに励んでいる。

大雨のビッグマッチはハイレベルな攻防に!レアル、ベンゼマ弾でチェルシーと痛み分けのドロー

マッチプレビュー
チェルシー
 欧州の大会ではレアルと5度目の対戦となったチェルシー。2勝2分を一度も負けたことなく、スタンフォード・ブリッジでの対決は今回が初めてだ。またチェルシーが決勝進出を果たせば3回目となり、イングランド勢ではマンチェスター・ユナイテッドやリバプールに次いで多い数字に(4回)。トーマス・トゥヘル監督はCLホーム18戦でわずか4敗しか喫しておらず(12勝2分)、48得点を叩き出している。

レアル・マドリード
 レアルはイングランド勢とのCLアウェイ戦直近4試合で勝てておらず、決めたゴールはわずか2つ。最後に勝ったのは2014年10月GSリバプール戦まで遡る(3-0)。ジネディーヌ・ジダン監督がチームを決勝に導けば、CL史上最多のセミファイナル通過記録に(4回)。カリム・ベンゼマはCL通算71得点を挙げており、今試合でネットを揺らせばラウール・ゴンザレスを抜いて大会史上4位のゴール記録となる。

チェルシーはアウェイゴールを活かせるか Photo David Ramos