W杯決勝戦に乱入の人気バンド、ついに解放される

©株式会社コリー

『The Moscow Times』は1日、「ロシア・ワールドカップの決勝戦でピッチに乱入したバンドのメンバーは、身柄を解放された」と報じた。

先月15日に行われたロシア・ワールドカップの決勝戦、クロアチア対フランスの試合。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

その後半に数名の観客がピッチに乱入し、試合はしばらく停止されることになった。

乱入したのはロシアのパンクバンドであるプッシー・ライオットのメンバーであり、彼らのウェブサイトで「犯行声明」も掲載されている。

男女4人のメンバーは即座に警察に逮捕され、身柄を拘束。15日間の懲役刑を言い渡された。

本来は月曜日に解放される予定であったが、その後すぐに別の容疑で対処され、その1日後に拘留が終了することになったとのことだ。

プッシー・ライオットは反プーチン大統領のスローガンを掲げ、各地で抗議活動を行ってきたバンド。

W杯の乱入については政治犯の解放、集会の不当逮捕の停止、政治的競争の許可、不当逮捕の停止などを求めた行動だったと主張している。