カカーとブスケッツをMIXさせた選手!? バルサが目をつける若手MFの評価がとんでもなかった

アヤックスのフレンキー・デ・ヨング photo/Getty Images

現在バルセロナが注目しているアヤックス所属の21歳MFフレンキー・デ・ヨングは、とんでもないポテンシャルを秘めた選手なのかもしれない。

セントラルMFを本職とするデ・ヨングを、英『Squawka』は「背が高くエレガントなスタイルからセルヒオ・ブスケッツとカカーをMIXさせた選手だ」と絶賛する。アンカーとして活躍するブスケッツと、バロンドールを受賞したこともあるスピード抜群のカカーをブレンドさせたとなると、恐ろしい選手だ。

またデ・ヨングはセンターバックとしてもプレイ可能で、リベロとしての起用も望める。これはバルサのアンカーに求められる条件の1つと言っていいだろう。ブスケッツの後継者を求めるバルセロナにとっては理想的な選手かもしれない。

エールディヴィジのPECズウォレでプレイするライアン・トーマスも、昨季デ・ヨングのプレイに衝撃を受けたと明かしている。

「デ・ヨングだけに注目してアヤックスのゲームを90分見たよ。デ・ヨングの走り、ターン、スペースの見つけ方などね。彼はピッチで最も若い存在なのに、みんなが彼にボールを預けていた。これはフットボーラーにとって最大級の賛辞だ。彼は信じられないほど良いし、いつかバルセロナやレアル・マドリードでプレイすべきだよ」

アヤックスからは優れたタレントが輩出され続けているが、デ・ヨングもそれに続いてトップクラブにステップアップするのか。また1人楽しみな選手が出てきた。

Follow

theWORLD

on

©株式会社FACTORIES