リヴァプールのカウンター速すぎる! 相手ゴール前からかかった時間は……[映像アリ]

©株式会社FACTORIES

リヴァプールのマネ photo/Getty Images

現在のリヴァプールで大きな武器となっているのが、高速カウンターだ。サディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノの3枚から繰り出されるカウンターは恐ろしいほど速い。彼らがトップスピードに乗ってしまえば、追いかけるのは至難の業なのだ。

その恐ろしさが分かるシーンが、前節のクリスタル・パレス戦で決めた2点目だ。1‐0とリードしていたリヴァプールは後半アディショナルタイム、相手のコーナーキックをクリアしたところからカウンターが発動。サラーからマネへとパスが繋がり、最後はマネが独走して得点を決めている。

リヴァプールの公式Twitterがこのカウンターアタックが何秒で完遂されたのか検証しているが、相手がコーナーキックを蹴ったところから僅か13.72秒しかかかっていない。このカウンターを試合終了間際に発動できてしまうのだから、今のリヴァプールは恐ろしい。相手のコーナーキックは一見するとピンチだが、リヴァプールの場合は逆襲の大チャンスでもあるわけだ。

今後もこの毒牙にやられるチームが出てくるだろう。この超高速カウンターこそ相手が前がかりになりにくい理由なのだ。