【NLDS】連続完封勝利 ブリュワーズ圧勝でNLCS進出

©MLB Advanced Media, LP.

【ブリュワーズ6-0ロッキーズ】@クアーズ・フィールド

ブリュワーズの連勝で迎えた地区シリーズ第3戦。決戦の地をクアーズ・フィールドに移しての戦いとなった。1点先制後の4回、ヘスス・アギラーの一発で追加点を加えリードを広げる。後半には相手守護神から2者連続弾を記録するなど連勝の勢いそのままにロッキーズを圧倒。3連勝スイープでリーグ優勝決定シリーズに駒を進めた。

初回から援護をもらったブリュワーズ先発、ウェイド・マイリーは走者こそ背負うも打たせてとる投球で5回途中無失点と好投。2-0とリードした6回にはスコット・オバーグのボークと暴投でさらに2点を追加する。この時点で4点差とリードを広げたブリュワーズは継投でイニングを消化し逃げ切りを図った。

本拠地での試合で負けられないロッキーズは先発のヘルマン・マルケスが5回2失点の粘りの投球をみせる。打線の奮起を待つも8回までわずか3安打に抑えられる拙攻だったが、9回にトレバー・ストーリーの二塁打をきっかけに1死一・二塁の場面をつくるも後続が続かずスイープを許した。9回にウェイド・デービスがオーランド・アルシア、キオン・ブロクストンに連続弾を浴びてダメ押し点を献上したことが痛かった。