【日米野球】最終戦も完敗 1勝5敗で全日程を終了

©MLB Advanced Media, LP.

【侍ジャパン4-1MLBオールスターズ】@ナゴヤドーム

MLBオールスターズと侍ジャパンによる「2018日米野球」の最終戦となる第6戦は、2回表に山川穂高(西武)の四球、森友哉(西武)と外崎修汰(西武)の連打で無死満塁のチャンスを作った侍ジャパンが源田壮亮(西武)の3点タイムリー三塁打と菊池涼介(広島)の犠牲フライで一挙4点を先制。このリードを笠原祥太郎(中日)、岩貞祐太(阪神)、佐藤優(中日)、山﨑康晃(DeNA)の4人による1失点リレーで守り抜き、4対1で勝利した。MLBオールスターズは10安打を放ち、再三にわたってチャンスを作ったが、得点はロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)のソロ本塁打による1点だけ。巨人とのエキシビションゲームにこそ勝利したものの、侍ジャパンとの6試合ではわずか1勝という不本意な成績に終わり、「2018日米野球」の全日程を終了した。

MLBオールスターズ先発のブライアン・ジョンソン(レッドソックス)は初回こそ二死1・2塁のピンチを招きながらも無失点で切り抜けたものの、2回表に一挙4失点。2番手のエラスモ・ラミレス(マリナーズ)が5回2安打7奪三振無失点の快投を見せ、試合を立て直したが、打線がことごとくチャンスを潰し、追い上げることはできなかった。3回裏から5回裏まで3イニング連続で無死1・2塁のチャンスを作ったものの、いずれも後続3人が凡退し、7回裏一死1・2塁のチャンスでは後続2人が凡退。8回裏に先頭のアクーニャJr.が佐藤からソロ本塁打を放ち、さらに一死満塁のチャンスを作って追い上げムードが高まったが、ロビンソン・チリーノス(レンジャーズ)とクリス・テイラー(ドジャース)が連続三振に倒れて万事休すとなった。9回裏は侍ジャパンのクローザー・山﨑の前にあっさり三者凡退。MLBオールスターズが侍ジャパンに勝利したのは、ヤディアー・モリーナ(カージナルス)が攻守に大活躍を見せた東京ドームでの第3戦だけだった。