闘将・星野仙一氏、鉄人・衣笠祥雄氏…2018年に逝去した主な日本球界関係者

©株式会社Creative2

1月4日に亡くなった星野仙一氏【写真:Getty Images】

平成最後のシーズンでこの世を去った偉大な野球人たち

 平成最後のシーズンも、多くの野球人が世を去った。一時代を作った大選手あり、渋い脇役あり。野球史にその名をとどめたい。

1月4日 星野仙一70歳(146勝121敗34セーブ 監督1181勝1043敗53分)
 明治大卒。68年ドラフト1位で中日へ。中日のエースとしてV9時代の巨人に闘志を燃やす。沢村賞1回。また初代のセーブ王にもなった。引退後は中日、阪神、楽天で監督に。3球団をすべてリーグ優勝に導いた。「闘将」として、野球ファンのみならず日本中を鼓舞した。2017年野球殿堂入り。

1月17日 中村和久70歳(元巨人チーフスカウト)
 社会人野球のリッカーミシンで監督を務めた後、1985年から巨人のスカウトに。高橋尚成、阿部慎之助らを獲得。

1月22日 片平晋作68歳(1181安打176本塁打)
 東京農大から71年ドラフト4位で南海へ。のちに西武で活躍した一塁手。王貞治にあこがれ、一本足打法を習得。一塁守備もうまくダイヤモンドグラブ1回受賞。オールスター出場1回。大洋では打撃コーチ兼任となり、引退後は西武でコーチを務め、女子プロ野球イースト・アストライヤの監督も務めた。

2月12日 種田弘85歳(40勝39敗)
 京都府立鴨沂高から50年、創設1年目の大洋へ。1952年途中に退団後、西京観光に入社し、55年に阪急に。56年に17勝。当時としては大柄な右腕、大きなカーブが持ち味だった。

2月12日 高倉照幸83歳(1611安打168本塁打)
 熊本商から1953年西鉄に。駿足好打の外野手として、全盛期の西鉄で切り込み隊長として活躍。「キャップ」と呼ばれる。のち巨人、ヤクルトに。ベストナイン3回。オールスター出場9回。引退後は解説者、少年野球指導者に。

4月23日 衣笠祥雄71歳(2543安打504本塁打)
 平安高校から1965年広島に。山本浩二と並ぶ中軸打者として長く活躍。ルー・ゲーリッグを抜く2215試合連続出場を記録し、国民栄誉賞。MVP1回。盗塁王、打点王1回。ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞3回。オールスター出場13回。1996年殿堂入り。長く解説者として活躍した。

長嶋茂雄氏に「幻のホームラン」を浴びた投手も

6月5日 小田義人71歳(610安打67本塁打)
 早稲田大、大昭和製紙から1972年ドラフト2位でアトムズに。一塁手としてヤクルト、日本ハム、南海、近鉄でプレー。眼鏡がトレードマーク。オールスター出場1回。引退後は近鉄のスカウトを経てヤクルトでコーチを務めた。

7月9日 永田徹登83歳(元広島投手)
 広島県立松本商から1954年広島に。1軍登板はなし。息子は広島、南海で内野手としてプレーし、現在は広島コーチの永田利則。

7月13日 大塚徹73歳(178安打2本塁打)
 土浦三高から1965年国鉄に。ヤクルト、南海で捕手、内外野手として活躍。サヨナラ押し出し4回という記録の持ち主。引退後は少年野球指導者に。

7月31日 穴吹義雄85歳(814安打89本塁打 監督150勝211敗31分)
 中央大時代は屈指のスラッガーとして知られ、争奪戦の末に南海に。この騒動は「あなた買います」という小説、映画になった。南海一筋でプレーし、引退後もコーチ、2軍監督として後進を指導。1983年から監督として3年間チームを指導した。その後解説者。

8月19日 仲野和男57歳(元西武外野手)
 我孫子高からドラフト外で西武に入団。1軍出場がないまま1982年退団。NPBの職員となり、日本野球機構パシフィックリーグ統括兼運営部長を務めた。

8月19日 八田正81歳(1148安打56本塁打)
 徳島県の鳴門高校から1955年、大映スターズに入団。遊撃手、二塁手として堅実な守備を見せるとともに、シュアな左打者として活躍。1969年に阪急ブレーブスに移籍。引退後は阪急、オリックスでスコアラー、編成としてチームに貢献した。

8月27日 鵜狩道夫82歳(55勝72敗)
 鹿児島県立伊集院高、鹿児島市交通局を経て、1955年に西鉄ライオンズに入団。58年に広島に移籍。58年9月19日の後楽園球場での巨人戦で、長嶋茂雄にソロホームランを浴びるが、一塁空過でアウト、「幻のホームラン」になり話題となった。引退後は郷里鹿児島に帰り、運動用具店を営んだ。

9月12日 田辺義三81歳(151安打10本塁打)
 群馬県立桐生高から1956年、西鉄に入団。大型捕手として期待されたが、59年に外野にコンバート。しかし1962年、練習中に打球を頭に受けて負傷。64年に引退した。以後も西鉄OBとしてチームを支援した。

400勝投手・金田正一氏の弟・金田留広氏も逝去

9月23日 滝内弥瑞生82歳(199安打13本塁打)
 福岡県立戸畑高から1954年、西鉄に入団。内野のユーティリティ、代走として黄金時代の西鉄を支えた。引退後は長くコーチとしてチームに貢献。同期、同級生の仰木彬が近鉄監督になると、コーチとして招かれた。

10月2日 金田留広71歳(128勝109敗2セーブ)
 愛知高校、愛知学院大(中退)、日通浦和を経て、1968年のドラフト4位で東映に入団。兄は400勝投手の金田正一。兄は左腕、弟は右腕。72年には20勝で最多勝。73年には兄・正一が監督を務めるロッテに移籍し16勝を挙げ最多勝、MVP。兄弟そろって100勝以上を挙げたのは、NPBでは金田正一と留広の兄弟だけ。ベストナイン1回、オールスター出場3回。引退後はロッテコーチなどを務めた。

10月7日 多菊善和82歳(元ヤクルト球団社長)
 親会社のヤクルト本社専務も務める。球団本社社長時代は「(海外挑戦する高津臣吾に)やってみればいい、どれだけの価値があるか」と発言するなど歯に衣着せぬ言動で、話題を呼んだ。

10月9日 手塚明治96歳(399安打22本塁打)
 明治大から小口工作所などを経て1949年に巨人に入団。正三塁手に。1953年には巨人軍19代目の4番打者に。のち大洋に移籍し、レギュラー三塁手として活躍した。

10月15日 ジョ-・スタンカ87歳(100勝72敗)
 1960年南海に入団。196センチ、96キロという超大型投手。杉浦忠とともに南海の2大エースとしてパ・リーグに君臨した。1964年には26勝を挙げMVPに。のち大洋に移籍。ベストナイン1回、オールスター出場2回。NPB通算100勝はMLB出身外国人選手として、ジーン・バッキ―と並ぶ最多。

10月17日 古川清蔵96歳(1419安打97本塁打)
 鹿児島商業学校、八幡製鐵を経て、1941年職業野球の名古屋軍に入団。小柄だったが、駿足で打撃もパンチ力があり、戦前に2年連続本塁打王。1945年に復員。阪急に移籍し、1953年には7打数7安打も記録。引退後は競馬評論家に。戦前の職業野球を知る最後の野球人だった。

10月26日 森下整鎮85歳(1188安打50本塁打)
 福岡県立八幡高を中退し、南海土建を経て1951年、南海に入団。駿足好打の遊撃手、二塁手として全盛期の南海で活躍。アキレス腱を3度も断裂したが復活。盗塁王1回、ベストナイン2回、オールスター出場4回。引退後は中日、大洋、南海などでコーチを歴任。のち少年野球指導者になった。

12月13日 銭村健三91歳(0安打0本塁打)
 父はハワイにわたり、野球人として活躍した銭村健一郎。日系2世として1953年広島に入団。駿足巧打の外野手だった弟の銭村健四の付き添い的な役割だったといわれ、わずか10試合の出場で帰国(弟健四はオールスターに出るなど主力選手として活躍)。引退後はハワイで中学教師になり、日米の野球交流に尽力。(広尾晃 / Koh Hiroo)