フランス代表は強すぎる!? 現”U-23最強”のプレイヤーTOP10

©株式会社FACTORIES

トレント・アレクサンダー・アーノルド photo/Getty Images
ガレーノ photo/Getty Images
ジョー・ゴメス photo/Getty Images
ルーカス・トレイラ photo/Getty Images
デル・アリ photo/Getty Images
ルカ・ヨビッチ photo/Getty Images
マーカス・ラツシュフォード photo/Getty Images
ジェイドン・サンチョ photo/Getty Images
ウスマン・デンベレ photo/Getty Images
キリアム・ムバッペ photo/Getty Images

近年は10代の選手も数多く活躍しているが、現在のサッカー界で最強のU-23プレイヤーは誰なのか。英『Squawka』がランキングを作成しているが、1位と2位を見ればロシアワールドカップを制したフランス代表の強さが分かってくる。

10位:トレント・アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール/20歳)

今ではリヴァプール不動の右サイドバックとなったアーノルドは、チームでは最多となる1試合平均1.6本のクロスを送っている。ユルゲン・クロップの下で成長を続けており、数年後には中盤へのコンバート案も期待されている逸材だ。

9位:マキシ・ゴメス(セルタ/22歳)

セルタで躍動するFWマキシ・ゴメスは、U-23世代ではリーガ・エスパニョーラの中でもトップクラスの選手だ。ここまでリーグ戦では9得点3アシストを記録しているが、リーガでプレイするU-23の選手では最多だ。

8位:ジョー・ゴメス(リヴァプール/21歳)

今季の大きなサプライズとなっているのがゴメスだ。序盤戦からフィルジル・ファン・ダイクの相棒となっており、リヴァプールのセンターバックでは2番手になっている。イングランド代表でも長くセンターバックを務める逸材と期待されており、身体能力は抜群だ。

7位:ルーカス・トレイラ(アーセナル/22歳)

アーセナルではベテランのような落ち着きを見せているが、トレイラもまだ22歳の選手だ。アーセナルが待ち望んでいた守備的MFと言われ、タックル数52回はアーセナルの中でトップの数字だ。

6位:デル・アリ(トッテナム/22歳)

アーノルド、ゴメスに続いてイングランド人選手だ。同メディアは最もショッキングなことはデル・アリがまだ22歳なことだと伝えているが、22歳とは思えぬ安定感を誇る。テクニック、運動量、高さとあらゆるものを備えており、スティーブン・ジェラードらと比較される逸材だ。

5位:ルカ・ヨビッチ(フランクフルト/21歳)

今季ブンデスリーガで13得点を記録しているヨビッチも外せない。フランクフルトにやってきた頃は無名の存在だったが、今では欧州の強豪クラブが欲しがる選手へと成長した。得点力が高く、フランクフルトを驚異の攻撃軍団へと変えたのはヨビッチだ。

4位:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド/21歳)

ジョゼ・モウリーニョの下では苦しい時間を過ごしたが、指揮官がオーレ・グンナー・スールシャールへと交代してからは得点を量産。センターフォワードのポジションを掴もうとしており、ポテンシャルは相当なものがある。

3位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/19歳)

今季ブンデスリーガで大きなサプライズを起こしているサンチョは、イングランド国内で出番が無いと嘆く若手選手たちの希望の星となっている。ドルトムントではすっかり主力となっており、若手のドイツ行きブームを作った存在と言えよう。

2位:ウスマン・デンベレ(バルセロナ/21歳)

デンベレはワールドカップでこそ輝けなかったが、バルセロナではリオネル・メッシ、ルイス・スアレスとともにMSDのユニットで爆発している。ここ数ヶ月で評価は大きく上がっており、バルセロナではメッシの後継者といった声まで出ている。

1位:キリアム・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/20歳)

やはり1位はムバッペだった。ワールドカップでの活躍からバロンドール候補にもなり、パリ・サンジェルマンでもネイマールを追い越さんとする勢いだ。今季のチャンピオンズリーグでどこまで暴れてくれるのか楽しみにしているサッカーファンは多いはず。

デンベレとともにフランス代表選手が1、2フィニッシュしているのは何とも特徴的で、次回のワールドカップでもこの2人は絶対的な存在として暴れることだろう。デンベレは左右両足使いのため、ムバッペとデンベレのコンビは強烈なものになる。U-23世代の中でトップと評価されたこの2人が今後のサッカー界を引っ張っていくのだろう。